目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

もういっかい彼女:松久淳|感想・評価【タイムトラベル恋愛小説】

『もういっかい彼女:松久淳』2016年5月出版!! 最新タイムトラベル恋愛小説

 

 今回ご紹介する小説「もういっかい彼女」は、2016年5月30日に第1版が出たばかりの最新小説です。

 著者の松久淳さんは、田中渉さんとの共著「天国の本屋」を書いた作家さんになります。

 

 早速、本の内容ですが、タイムトラベル(スリップ)ものです。

 普通の作品と違うのは、この物語が「タイムスリップが全て終わった後」を描いていること。

 つまり、書かれていることのほとんどは過去の話なのです。

 そして最後に明かされる意外な真実を目にした時、全ての伏線が回収されます。

 老いた1人の作家が語る、不思議な物語をご紹介します。

 

f:id:macchahiko:20160628133842j:plain

続きを読む

鳴風荘事件:綾辻行人|感想・評価【哀しく切ないミステリ小説】

『鳴風荘事件:綾辻行人』人を愛するが故に起きた哀しい物語をおすすめします

 

 今回ご紹介するのは、綾辻行人さんの「鳴風荘事件」。

 綾辻さんといえば、新本格ミステリブームの先駆け的存在ですね。

 「十角館の殺人」からはじまる館シリーズ、映画やアニメにもなった「Another」が有名です。

 作品のクライマックスに、あっと驚く展開を用意するのが得意な綾辻さん。

 だけどこの、「鳴風荘事件」はちょっと毛色が違います。

 まさに、本格ミステリのど真ん中を射抜くような1冊のご紹介です。

f:id:macchahiko:20160627113221j:plain

続きを読む

まほろ駅前多田便利軒:三浦しをん|感想・評価【第135回直木賞受賞作】

まほろ駅前多田便利軒:三浦しをん』おすすめ!! 笑えるハードボイルド

 

 みなさんこんにちは。

 三浦しをんさんの直木賞受賞作「まほろ駅前多田便利軒」をご紹介します。

 なんだか最近、実写映画化された作品ばかり紹介しているような気もしますが……。

 この作品も2011年に瑛太さん、松田龍平さんで映画化されていますね。

 続編も全て映像化されているので、かなりの人気シリーズです。

 著者の三浦しをんさん。

 「舟を編む」が、松田龍平さん主演で映画化されたことも記憶に新しい、売れっ子作家です。

 

f:id:macchahiko:20160624161300j:plain

続きを読む