読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

22冊のおすすめ本ピックアップ|2016年7月版「下」|詳細記事付き

22冊のおすすめ本をご紹介「下」 みなさんこんにちは。 今回は、昨日に引き続き、おすすめの本をご紹介していきます。 前回記事はこちら それでは早速はじめていきます。

22冊のおすすめ本ピックアップ|2016年7月版「上」|詳細記事付き

22冊のおすすめ本をご紹介 みなさんこんにちは。 6月も終わり、7月に入りましたね。 私の住む地域は雨ばかりで、じめじめと蒸し暑い天気が続いていますが、 みなさんはどうお過ごしでしょうか。 外出が億劫になる雨や暑さの季節です。 自宅やカフェでまった…

世界を変えた10人の女性:池上彰|感想・評価【彼女たちに共通するものとは】

世界に大きな影響を与えた人と言われて、あなたは誰を思い浮かべますか? 今回ご紹介するのは、「世界を変えた10人の女性」という池上彰さんの本です。池上彰さんは、誰を選ぶのでしょう。そして、どんな解釈を付け加えるのでしょうか。気になる方はぜひ。

もういっかい彼女:松久淳|感想・評価【タイムトラベル恋愛小説】

失った彼女に、もう一度会うことはできるのか。今回はちょっと変わったタイムトラベル恋愛小説をご紹介しています。ある小説家が経験した不思議な夢を聞かされる、主人公の富谷啓太。気になるカメラマンの野田さんとの関係は!?

鳴風荘事件:綾辻行人|感想・評価【哀しく切ないミステリ小説】

綾辻行人さん作品「鳴風荘事件」のご紹介です。6年前に起きた殺人事件と同じように、今度は被害者の妹が同じような手口で惨殺されてしまう。集まった同級生の中に、犯人はいるのか!?

まほろ駅前多田便利軒:三浦しをん|感想・評価【第135回直木賞受賞作】

今回は、直木賞受賞作「まほろ駅前多田便利軒」をご紹介します。「舟を編む」の三浦しをんさん著で、シリーズは全て映像化されているこのまほろシリーズですが、今作はその第1弾になります。笑える、明るめの、読みやすいハードボイルド小説ですので、小説を…

陽だまりの彼女:越谷オサム|感想・評価【女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1】

ミリオンセラー恋愛小説のご紹介です。実写映画化もされた、「陽だまりの彼女」。中学時代の幼馴染と、社会人になって偶然再会して……とここまではありふれた展開ですが、その彼女にはどうやら重大な秘密があるみたい。その秘密が2人の行く末を大きく揺るがし…

神様のパズル:機本伸司|感想・評価【理系小説を読もう】

宇宙はどうやって創られたのでしょう? そして、なぜ創られたのでしょう? 私たちは何であり、どこへ行くのか、世界とは何なのか。突き詰めて考えていくと、現代物理学で行きつく先は、宇宙です。アインシュタインはこれを、「神のパズル」と言いました。神…

世界を変えた10冊の本:池上彰|感想・評価【おすすめ本】

日本一わかりやすい解説をする池上彰さんの本をご紹介します。「世界を変えた10冊の本」。世界には、歴史的に世界を大きく変革させた影響力の強い本がいくつもあります。その中から、池上さんが特に重要だと思われた10冊をピックアップ。1冊ずつ解説していき…

きいろいゾウ:西加奈子|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】夫婦のための恋愛小説

恋人から夫婦になると、関係と共に感情も変わるカップルは、少なくありません。だけど、この物語に出てくる夫婦は、とっても仲良し。読んでいてニヤけてしまうくらい仲のいい2人には、意外にも隠し事がたくさん!! その隠し事が起因して、2人は少しずつギクシ…

ライオンハート:恩田陸|感想・評価・レビュー【おすすめ恋愛小説】

何100年という時を越えながらも惹かれあう2人の恋愛小説です。お互い惹かれあうも、結ばれることは無く、それでも1瞬の逢瀬を心待ちにする。愛しさと切なさに溢れた、恩田陸さんの作品をご紹介します。

とんでもなくおもしろい宇宙|感想・評価・レビュー【おすすめ宇宙の本】

宇宙について分かりやすくかかれた本のご紹介です。特に太陽についてはかなり深く切り込んでおり、他の宇宙入門書とは一線を画すポイントになっています。必要不可欠な存在でもあり、非常に身近な脅威でもある太陽という天体を、学術的に見てみませんか?

【ほっこり泣ける】東京バンドワゴンシリーズのすすめ【小路幸也】その2

おすすめシリーズ「東京バンドワゴン」紹介記事その2。前回の続きです。新作が刊行され次第、また更新を予定しているので、お楽しみに。本当にオススメの作品ですよ!

【ほっこり泣ける】東京バンドワゴンシリーズのすすめ【小路幸也】その1

おすすめの小説ある? と聞かれた時、まっさきに思い出すのが、「東京バンドワゴン」です。話題が話題を呼び、人気が人気を呼び、超ロングシリーズとなった、堀田家をめぐる優しい物語。現在まで出ている全11冊を、順番に、まるっと、あらすじも含めご紹介し…

プラネテス:幸村誠|感想・評価・レビュー【おすすめ漫画】人は宇宙で何を想うか

おすすめのSFマンガを紹介します。幸村誠さんの、「プラネテス」。2070年、宇宙を舞台にした人間ドラマです。スペースデブリ回収の仕事をしている主人公のハチマキと、その同僚、ユーリ、フィー、新人のタナベが、悩みを抱えながら前へ進んでいく物語です。…

黄色い目の魚|感想・評価・レビュー【おすすめ恋愛小説】青春は苦い想いで美しく彩られる

家族との関係で心に傷を負った高校生の男女。絵を描くことが好きな男子、悟は、絵を見るのが好きな女子、みのりの上半身像を描くことになります。どうしても自分の描いたみのりに納得がいかない彼は、自然とみのりを目で追うようになっていき……。甘酸っぱく…

宇宙って面白いの?|感想・評価・レビュー【おすすめ理系本】そもそも宇宙の何が面白いのか

宇宙の事を考えると、小さな悩みがどうでもよくなってくる。これはみなさんが経験したことのある、「アルアル」なのではないでしょうか。宇宙は規模が大きすぎて、あるいは小さすぎて、イメージが付きにくいですよね。だからこそ、1度興味を持つと奥深い面白…

女子大生会計士の事件簿|感想・評価・レビュー【おすすめ本】小説で学ぶ会計学

物語を楽しみながら専門知識を学ぶ。最近いろんなジャンルで見られる手法ですね。今回ご紹介する小説もその中の1冊です。会計学を学べる小説、「女子大生会計士の事件簿」。現役の会計士によって書かれた、初学者から中級者までを楽しませる本のご紹介です。

twitter始めました

twitterを始めました みなさんこんにちは、じょんです。 ブログ用にtwitterアカウントを取得しましたので、お知らせいたします。 フォローはこちらから Follow @OshibonJohn // 更新情報はもちろん、今読んでいる本や、読了した本の短文感想まで、 様々な使…

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】嫁姑、旦那の娘、その彼氏と同居!?

読むのがしんどくなるくらい、主人公がいじめられる小説をご紹介します。牧村泉さんの、「梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱」。タイトルの通り、主人公の憂鬱の源が、序盤中盤とたたみかけるようにやってきます。そして、終盤の終盤まで読み切った読者のみが味わえる、…

【おいコーシリーズ】キスまでの距離|感想・評価・レビュー【おすすめ恋愛小説】

今回はおすすめの恋愛小説をご紹介します。村山由佳さんの、「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズ第1作目、「キスまでの距離」です。題名どおり、好きになったあの人と自分との、キスまでの距離はあとどれくらいなのだろう。まだまだ長いような気もするし、…

八月の六日間:北村薫|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】山歩きをする大人な1冊

山登りの経験はありますか? 昨今の登山ブームで、周りに山登りをする人が増えてきています。もしあなたが登山好きなら、もしくは、登山に興味があるのなら。おすすめしたい1冊です。ご紹介します。

26冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「下」|感想・評価・レビュー付き

前回の記事に引き続き、おすすめの本26冊をご紹介していきます。1冊でもみなさんの琴線に触れるモノがあればと願いながら書きましたので、最後まで見て行って下さるとうれしいです。

26冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「上」|感想・評価・レビュー付き

5月に紹介してきた本から、泣ける本と笑える本をピックアップしてみなさんに紹介します。たまにまだ記事を書ききれていない本などありますが、お許しください。少しでも参考にしていただければ、幸いです。

池上彰のやさしい経済学:池上彰|感想・レビュー・評価【おすすめ本】経済の歴史と仕組みを学ぶ

最強の時事問題解説者、池上彰さん。テレビでの印象が強い方ですが、実は本業は本づくりです。今回は、そんな池上さんが出演したBS番組の、書籍版をご紹介します。小難しい経済学の歴史と仕組みが、本当に分かりやすく噛み砕かれています。経済ニュースがぐ…

笑える小説・エッセイ10冊【面白いおすすめの本】|笑ってスッキリしましょう

笑える小説など、10冊まとめました。くすっとくるものから爆笑してしまうものまで、まるっとご紹介します。1冊でもみなさんの参考にしていただければ嬉しいです。

ララピポ:奥田英朗|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】格差社会の底辺を生きる人々の群像劇

格差社会です。光があれば闇があります。こんかいご紹介する小説は、その闇の部分にあえてスポットライトをあてた作品です。うだつのあがらない人たち、収入は十分だけど幸福で無い人たちが、主人公。社会の渦や、肥大しすぎたプライドに飲み込まれて、更な…

【おすすめSF】おもいでエマノン|感想・評価・レビュー|30億年の記憶を持つ女

突然、きれいな女性から、「あたしは30億年分の記憶を持っているの」と言われたらどうしますか? あまりに突飛な話なので、どう対応したらいいのかわからなくなりそうですね。今回ご紹介するSF作品は、30億年分の記憶を持った女性の不思議な物語です。おもい…

【おすすめエッセイ】もものかんづめ|感想・評価・レビュー|漫画家さくらももこさんは1流のエッセイスト

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」。愉快な家族のかけあいは、日本になくてはならないモノです。あのさくら家ですが、原作者さくらももこさんの実在する家族がモデルとなっています。その家族がふんだんに登場するエッセイ「もものかんづめ」のご紹介です。

【おすすめ小説】the TEAM ザ・チーム|感想・評価・レビュー

驚異的な的中率を誇る売れっ子霊能力者、能代あや子。その実態は、彼女自身も霊能力など信じていない、インチキ能力者。その抜群の的中率を支えるのは、彼女を支える裏方の、調査チーム。今日も彼女の予言を的中させるため、事前調査にいそしんでいる。そん…

【おすすめ理系本】ますます眠れなくなる宇宙のはなし|感想・評価・レビュー―宇宙人の存在はロマン

地球外生命体について、みなさんはどうお考えでしょうか? いるorいない、意見が分かれそうですが、ここは一度、専門の先生の本でも読んでみませんか? インフレーション理論でもおなじみ、佐藤勝彦さんの、「眠れなくなる宇宙のはなし」シリーズ第2弾。「ま…

【おすすめ小説】チルドレン|感想・評価・レビュー―愛すべきとびっきりの奇人・陣内

物語に奇人変人はつきものです。特に伊坂幸太郎さんの作品となれば、100%に近い作品で出てきます。彼の作品の中でも、1,2を争うかっこいい変人が活躍するのが、今回ご紹介する「チルドレン」。続編の「サブマリン」と共に、読んでみてはいかがでしょうか。

【おすすめ本】男と女のワイン術 2杯め|感想・評価・レビュー―家飲み用のワイン選びのコツ

スーパーでワインを選ぶのって、難しいですよね。ブドウの種類、原産地などなど、見るべきところがたくさんすぎて、わけわからなくなってしまう。結局、適当に買った1本。そこそこの値段がしたのに、好みじゃない!! なんてこと、ざらにあります。安心してく…

【おすすめミステリ】斜め屋敷の犯罪|感想・評価・レビュー―映画化近し。御手洗潔シリーズ第2作!!

近く実写映画化される、御手洗潔シリーズ。玉木宏さん演じる御手洗は、どんな性格になるのでしょうか。さて、映画館へ行くちょっとその前に、シリーズの予習・復習をしておきませんか? シリーズ2作目、「斜め屋敷の犯罪」。著者、島田荘司さんの代表作の1つ…

【おすすめ小説】帰天城の謎 TRICK青春版|感想・評価・レビュー―中学生、山田奈緒子。上田次郎に遭遇す!!

ドラマTRICKファンのみなさん。そして笑える小説をお探しのみなさん。今回はうってつけの本をご紹介します。「帰天城の謎」です。中学生時代の奈緒子と、若き日の上田は古き村の過去にある謎を解き明かすことができるのか。はやみねかおるさんの筆で描かれる…

【おすすめ啓発本】28歳からのリアル マネー編|感想・評価・レビュー―今知らねば損をする!? リアルなお金の話

28歳。いろんな事をリアルに考え出す年齢です。自分の収入はこのままでいいのか。この貯金で結婚できるのか。この調子で将来家は買えるのか。その疑問に答えをだすためにも、まずは自分のお金について、現状を知りましょう。あなたの収入は平均以上なのか、…

【おすすめ小説】春期限定いちごタルト事件|感想・評価・レビュー―米澤穂信さんお得意の青春ミステリ

今をときめくミステリ作家、米澤穂信さん。彼の得意分野の1つに、青春ミステリがあります。人が死なないミステリでは、事件だけでなく、様々な角度から読者を惹きつけなければなりません。それをやってのける米澤さんの筆力はすごい。今回は、洋菓子とコーヒ…

【おすすめ啓発本】鏡の法則|感想・評価・レビュー―泣けて、ためになる一挙両得な本

人生の中で、現実として起こる事は、自分の中に原因がある。これが鏡の法則の考え方です。人生は自分を映し出す鏡なのです。髪型が乱れている時、鏡を見ます。それを整えるときは、鏡ではなく、自分自身を触って整えますよね。みなさんが今直面している問題…

【おすすめ小説】陽気なギャングが地球を回す|感想・評価・レビュー―クライムコメディならコレを読もう!!

笑えるコメディ小説、お探しですか? でしたら、今日のオススメはこの1冊。伊坂幸太郎さんの、「陽気なギャングが地球を回す」。映画化もされていますから、聞き覚えのあるかたも多いでしょう。さてこの作品、特徴は一見無駄話のように思えるセリフと、意外…

【オススメ小説】さよなら妖精|感想・評価・レビュー―米澤穂信、歴史+ミステリの原点

今、日本ミステリ界で一番脂の乗っている作家、米澤穂信さん。彼の作品、「王とサーカス」はもう読みましたか? 主人公、太刀洗万智は、米澤さんの過去の作品にも出てくるんです。それがこの、「さよなら妖精」。こちらでは別の人物が主人公ですが、彼女も主…

【オススメ理系本】人類が知っていることすべての短い歴史|感想・評価・レビュー―地球の歴史は壮大なドラマ

これぞ究極の理系本と叫びたくなる本です。文系出身の私にもわかりやすい。だけでなく、面白い。宇宙・恐竜・地球・化学・生物学。多岐にわたる学問のジャンルを繋ぎ合わせて、私たちの知る137億年を丁寧に解説してくれる本のご紹介です。

【読書法】おすすめお金の本11冊と、その読み方・順番【お金について】

お金について学校の授業では教えてくれません。しかし、私たちは今、お金のことを勉強しなければいけない時代に生きています。将来国に頼ってばかりいるのはあまりにもリスキーです。自分で資産形成しなければいけない時代になりました。では、どこから勉強…

【おすすめ啓発本】仕事は楽しいかね?|感想・評価・レビュー―成功をつかむ為のたった一つの方法

仕事が楽しくなれば、プライベートももっと楽しめる。つまり、人生がもっと面白いものになります。みなさん、仕事はたのしいですか? もし楽しくないと感じるなら、一読の価値があるおすすめの本をご紹介します。

【オススメ小説】プリズンホテル|感想・評価・レビュー―もし任侠団体専用ホテルに迷い込んでしまったら

なにか物語を欲しているけど、心を揺さぶられるほど強いのはちょっと・・・・・・なんて気分のとき。ぜひとも読んでいただきたいのがこの作品、「プリズンホテル」です。どこか三谷幸喜さんの映画にも似た雰囲気で、心を軽くして笑える作品になっています。浅田次…

【おすすめ本】男と女のワイン術|感想・評価・レビュー―ワイン選びで失敗しない、ワンランク上のモテ大人を目指す!!

ワイン好きですか? スマートに飲めれば、一緒に飲む人に対してカッコイイ印象を与えることのできるお酒ですよね。しかしその反面、何を飲むか選ぶのがなかなかに難しい。そんなあなたにピッタリのワインの教科書を、ご紹介します。

【おすすめ本】人生がときめく片づけの魔法|感想・評価・レビュー―リバウンドしない!! 人生をも変える唯一の片付け方法

皆さんは、「片付け」について、どんなイメージを持っていますか? 片付けは毎日するもの? めんどくさいこと? 違います。片づけは、「祭り」です。祭りですから、毎日はしませんよね。半年に一度、なによりも楽しく行うものなのです。そんな革命的片づけ術…

【おすすめ本】29冊プラスα:ピックアップ!!2016年5月版「下」|感想・評価・レビュー

ミステリと、自己啓発系のオススメの本をまとめました。前回の記事と併せてその数なんと29冊。上から下まで片っ端に読んでいってくださると非常にうれしいです。それは無理でも、どれか1冊でも参考にしていただければ幸いです。

【おすすめ本】29冊プラスα:ピックアップ!!2016年5月版「上」|感想・評価・レビュー

こんにちは、Johnです。 GWですね。 みなさんいかがおすごしでしょうか。 今回は、4月に紹介してきたオススメ本を、目的別にまとめて紹介します。 インデックス的使い方をしていただければ幸いです。

【おすすめ小説】浜村渚の計算ノート|感想・評価・レビュー―数学、ミステリ、女子中学生という新しいジャンル!?

数学は面白い! そう感じさせてくれる小説「浜村渚の計算ノート」。みなさんは、4÷0という計算を出来ますか? そもそも0ってなにか理解していますか? 1,1,2,3,5,8,13の次にくる数字はなにかわかりますか? 大人になってからこそ、数学は面白いのです。ぜひ…

【オススメ理系本】眠れなくなる宇宙のはなし|感想・評価・レビュー―本当に眠れなくなるのか検証

「眠れなくなる宇宙のはなし」という本を読みました。本当に眠れなくなるのか検証してみたところ、たしかに眠るタイミングを逃してしまいました。それほど面白く、わかりやすく宇宙の事を解説している本はありません。宇宙に興味がでてきたら、まず読む本の…