目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

理系

神様のパズル:機本伸司|感想・評価【理系小説を読もう】

宇宙はどうやって創られたのでしょう? そして、なぜ創られたのでしょう? 私たちは何であり、どこへ行くのか、世界とは何なのか。突き詰めて考えていくと、現代物理学で行きつく先は、宇宙です。アインシュタインはこれを、「神のパズル」と言いました。神…

とんでもなくおもしろい宇宙|感想・評価・レビュー【おすすめ宇宙の本】

宇宙について分かりやすくかかれた本のご紹介です。特に太陽についてはかなり深く切り込んでおり、他の宇宙入門書とは一線を画すポイントになっています。必要不可欠な存在でもあり、非常に身近な脅威でもある太陽という天体を、学術的に見てみませんか?

プラネテス:幸村誠|感想・評価・レビュー【おすすめ漫画】人は宇宙で何を想うか

おすすめのSFマンガを紹介します。幸村誠さんの、「プラネテス」。2070年、宇宙を舞台にした人間ドラマです。スペースデブリ回収の仕事をしている主人公のハチマキと、その同僚、ユーリ、フィー、新人のタナベが、悩みを抱えながら前へ進んでいく物語です。…

宇宙って面白いの?|感想・評価・レビュー【おすすめ理系本】そもそも宇宙の何が面白いのか

宇宙の事を考えると、小さな悩みがどうでもよくなってくる。これはみなさんが経験したことのある、「アルアル」なのではないでしょうか。宇宙は規模が大きすぎて、あるいは小さすぎて、イメージが付きにくいですよね。だからこそ、1度興味を持つと奥深い面白…

26冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「下」|感想・評価・レビュー付き

前回の記事に引き続き、おすすめの本26冊をご紹介していきます。1冊でもみなさんの琴線に触れるモノがあればと願いながら書きましたので、最後まで見て行って下さるとうれしいです。

【おすすめ理系本】ますます眠れなくなる宇宙のはなし|感想・評価・レビュー―宇宙人の存在はロマン

地球外生命体について、みなさんはどうお考えでしょうか? いるorいない、意見が分かれそうですが、ここは一度、専門の先生の本でも読んでみませんか? インフレーション理論でもおなじみ、佐藤勝彦さんの、「眠れなくなる宇宙のはなし」シリーズ第2弾。「ま…

【オススメ理系本】人類が知っていることすべての短い歴史|感想・評価・レビュー―地球の歴史は壮大なドラマ

これぞ究極の理系本と叫びたくなる本です。文系出身の私にもわかりやすい。だけでなく、面白い。宇宙・恐竜・地球・化学・生物学。多岐にわたる学問のジャンルを繋ぎ合わせて、私たちの知る137億年を丁寧に解説してくれる本のご紹介です。

【おすすめ本】29冊プラスα:ピックアップ!!2016年5月版「上」|感想・評価・レビュー

こんにちは、Johnです。 GWですね。 みなさんいかがおすごしでしょうか。 今回は、4月に紹介してきたオススメ本を、目的別にまとめて紹介します。 インデックス的使い方をしていただければ幸いです。

【おすすめ小説】浜村渚の計算ノート|感想・評価・レビュー―数学、ミステリ、女子中学生という新しいジャンル!?

数学は面白い! そう感じさせてくれる小説「浜村渚の計算ノート」。みなさんは、4÷0という計算を出来ますか? そもそも0ってなにか理解していますか? 1,1,2,3,5,8,13の次にくる数字はなにかわかりますか? 大人になってからこそ、数学は面白いのです。ぜひ…

【オススメ理系本】眠れなくなる宇宙のはなし|感想・評価・レビュー―本当に眠れなくなるのか検証

「眠れなくなる宇宙のはなし」という本を読みました。本当に眠れなくなるのか検証してみたところ、たしかに眠るタイミングを逃してしまいました。それほど面白く、わかりやすく宇宙の事を解説している本はありません。宇宙に興味がでてきたら、まず読む本の…

【おすすめ理系本】生物と無生物のあいだ|感想・レビュー・評価―人間、一年会わずにいれば別人になる

1年ぶりに会う友人に、「変わってないね」とよく言います。しかし、分子レベルで見ると、お互いを構成する細胞はまるっと入れ替わっているのです。それはもう別人のように。生物の体は、常に流れの中にあります。一体生物ってなんなんだ!という一冊のご紹介…

フェルマーの最終定理|感想・評価【おすすめ理系本】

3世紀にわたり数々の数学者を苦しめた難問、「フェルマーの最終定理」とは一体なんだったのか。数学の成り立ちから、最終定理が完全に証明されるまでを描く、大河的ノンフィクションのご紹介です。

睡眠のはなし:内山真|感想・評価・レビュー【おすすめ理系本】睡眠とはなんなのか。その時私たちの脳内では何が?

あなたは、なぜ眠くなるのかという質問に答えられますか? 毎日していることなのに、疑問だらけの行為、睡眠。その謎に答えてくれる本の紹介です。

面白いほどよくわかる!臨床心理学:下山晴彦【おすすめ理系本】|感想・レビュー・評価-苦しんでいる人に寄り添いたいあなたへ

心の問題を抱えた人たちに、カウンセリウングで寄り添う、臨床心理学。うつ病といった問題が身近になった今、あなたに、そしてあなたの大切な人のために、読んでほしい本のご紹介です。