目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

笑える本

まほろ駅前多田便利軒:三浦しをん|感想・評価【第135回直木賞受賞作】

今回は、直木賞受賞作「まほろ駅前多田便利軒」をご紹介します。「舟を編む」の三浦しをんさん著で、シリーズは全て映像化されているこのまほろシリーズですが、今作はその第1弾になります。笑える、明るめの、読みやすいハードボイルド小説ですので、小説を…

きいろいゾウ:西加奈子|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】夫婦のための恋愛小説

恋人から夫婦になると、関係と共に感情も変わるカップルは、少なくありません。だけど、この物語に出てくる夫婦は、とっても仲良し。読んでいてニヤけてしまうくらい仲のいい2人には、意外にも隠し事がたくさん!! その隠し事が起因して、2人は少しずつギクシ…

【ほっこり泣ける】東京バンドワゴンシリーズのすすめ【小路幸也】その2

おすすめシリーズ「東京バンドワゴン」紹介記事その2。前回の続きです。新作が刊行され次第、また更新を予定しているので、お楽しみに。本当にオススメの作品ですよ!

【ほっこり泣ける】東京バンドワゴンシリーズのすすめ【小路幸也】その1

おすすめの小説ある? と聞かれた時、まっさきに思い出すのが、「東京バンドワゴン」です。話題が話題を呼び、人気が人気を呼び、超ロングシリーズとなった、堀田家をめぐる優しい物語。現在まで出ている全11冊を、順番に、まるっと、あらすじも含めご紹介し…

プラネテス:幸村誠|感想・評価・レビュー【おすすめ漫画】人は宇宙で何を想うか

おすすめのSFマンガを紹介します。幸村誠さんの、「プラネテス」。2070年、宇宙を舞台にした人間ドラマです。スペースデブリ回収の仕事をしている主人公のハチマキと、その同僚、ユーリ、フィー、新人のタナベが、悩みを抱えながら前へ進んでいく物語です。…

女子大生会計士の事件簿|感想・評価・レビュー【おすすめ本】小説で学ぶ会計学

物語を楽しみながら専門知識を学ぶ。最近いろんなジャンルで見られる手法ですね。今回ご紹介する小説もその中の1冊です。会計学を学べる小説、「女子大生会計士の事件簿」。現役の会計士によって書かれた、初学者から中級者までを楽しませる本のご紹介です。

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】嫁姑、旦那の娘、その彼氏と同居!?

読むのがしんどくなるくらい、主人公がいじめられる小説をご紹介します。牧村泉さんの、「梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱」。タイトルの通り、主人公の憂鬱の源が、序盤中盤とたたみかけるようにやってきます。そして、終盤の終盤まで読み切った読者のみが味わえる、…

26冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「上」|感想・評価・レビュー付き

5月に紹介してきた本から、泣ける本と笑える本をピックアップしてみなさんに紹介します。たまにまだ記事を書ききれていない本などありますが、お許しください。少しでも参考にしていただければ、幸いです。

笑える小説・エッセイ10冊【面白いおすすめの本】|笑ってスッキリしましょう

笑える小説など、10冊まとめました。くすっとくるものから爆笑してしまうものまで、まるっとご紹介します。1冊でもみなさんの参考にしていただければ嬉しいです。

ララピポ:奥田英朗|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】格差社会の底辺を生きる人々の群像劇

格差社会です。光があれば闇があります。こんかいご紹介する小説は、その闇の部分にあえてスポットライトをあてた作品です。うだつのあがらない人たち、収入は十分だけど幸福で無い人たちが、主人公。社会の渦や、肥大しすぎたプライドに飲み込まれて、更な…

【おすすめエッセイ】もものかんづめ|感想・評価・レビュー|漫画家さくらももこさんは1流のエッセイスト

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」。愉快な家族のかけあいは、日本になくてはならないモノです。あのさくら家ですが、原作者さくらももこさんの実在する家族がモデルとなっています。その家族がふんだんに登場するエッセイ「もものかんづめ」のご紹介です。

【おすすめ小説】the TEAM ザ・チーム|感想・評価・レビュー

驚異的な的中率を誇る売れっ子霊能力者、能代あや子。その実態は、彼女自身も霊能力など信じていない、インチキ能力者。その抜群の的中率を支えるのは、彼女を支える裏方の、調査チーム。今日も彼女の予言を的中させるため、事前調査にいそしんでいる。そん…

【おすすめ小説】チルドレン|感想・評価・レビュー―愛すべきとびっきりの奇人・陣内

物語に奇人変人はつきものです。特に伊坂幸太郎さんの作品となれば、100%に近い作品で出てきます。彼の作品の中でも、1,2を争うかっこいい変人が活躍するのが、今回ご紹介する「チルドレン」。続編の「サブマリン」と共に、読んでみてはいかがでしょうか。

【おすすめ小説】帰天城の謎 TRICK青春版|感想・評価・レビュー―中学生、山田奈緒子。上田次郎に遭遇す!!

ドラマTRICKファンのみなさん。そして笑える小説をお探しのみなさん。今回はうってつけの本をご紹介します。「帰天城の謎」です。中学生時代の奈緒子と、若き日の上田は古き村の過去にある謎を解き明かすことができるのか。はやみねかおるさんの筆で描かれる…

【おすすめ小説】陽気なギャングが地球を回す|感想・評価・レビュー―クライムコメディならコレを読もう!!

笑えるコメディ小説、お探しですか? でしたら、今日のオススメはこの1冊。伊坂幸太郎さんの、「陽気なギャングが地球を回す」。映画化もされていますから、聞き覚えのあるかたも多いでしょう。さてこの作品、特徴は一見無駄話のように思えるセリフと、意外…

【オススメ小説】プリズンホテル|感想・評価・レビュー―もし任侠団体専用ホテルに迷い込んでしまったら

なにか物語を欲しているけど、心を揺さぶられるほど強いのはちょっと・・・・・・なんて気分のとき。ぜひとも読んでいただきたいのがこの作品、「プリズンホテル」です。どこか三谷幸喜さんの映画にも似た雰囲気で、心を軽くして笑える作品になっています。浅田次…

【おすすめ本】29冊プラスα:ピックアップ!!2016年5月版「上」|感想・評価・レビュー

こんにちは、Johnです。 GWですね。 みなさんいかがおすごしでしょうか。 今回は、4月に紹介してきたオススメ本を、目的別にまとめて紹介します。 インデックス的使い方をしていただければ幸いです。

【オススメ小説】春、戻る|感想・評価・レビュー―年下のおにいさん!? は頼りがいがある

春は読書にいい季節です。どうせ読むなら春っぽい作品、春をもっと感じさせてくれる作品を読みたいですよね。それならコレ! 「春、戻る」。春というイメージがピッタリの、暖かみのある小説です。ほっこりして、泣ける物語のご紹介です。

【おすすめアニメ】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。|感想・評価・レビュー―印象だけで毛嫌いしてはめちゃくちゃもったいないアニメ

アニメ、「あの花」。アニメというジャンルにいまひとつ馴染みの無い、馴染めていない方にぜひとも一度見てほしい作品です。とにかく泣けて泣けて、見終わった後は風が吹くだけで泣けるんじゃないかというくらい。ご紹介します。

【おすすめ小説】東京バンドワゴン|感想・評価・レビュー―朝の連続ドラマ小説並みにほっこりするホームドラマ、あります

まるでクドカンが脚本を書いたホームドラマのような読み口の小説「東京バンドワゴン」。心がほっこりする小路幸也さんの作品です。泣ける、笑える、ドギマギする。そんな作品のご紹介です。

【おすすめ小説】All You Need Is Kill|感想・レビュー・評価―迫りくる未知の敵! ぼくは死んでまた少し強くなる

ハリウッド映画化までされたSF作品、「All You Need Is Kill」。未知の生物と戦う設定はまるでエヴァンゲリオン。でもこの作品、実はタイプリープモノでもあるんです。過去の経験から少しずつ強くなっていく主人公。その先に待つものとは?? 紹介します。

【おすすめ小説】鴨川ホルモー|感想・レビュー・評価―自分は戦わない系異能異世界バトル!!

映画化もされた作品なので、名前はきいたことがある人が多いのではないでしょうか。しかしこの作品、なんといっても原作がおもしろいんです。笑って泣けてキュンとくる! エンタテイメントの鏡のような小説。ご紹介します。

流星ワゴン:重松清|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】両親との和解は、幸せな人生をおくるための条件

38歳で無職。家族は崩壊中。父との確執大。そんな主人公が行き会う、1台の不思議なオデッセイ。時空を超え辿り着いたいくつかのターニングポイントで、主人公は何を思うのか。最終地点はどこなのか。現実を変えることはできるのか。流星ワゴンのご紹介です。

そして五人がいなくなる:はやみねかおる|感想・レビュー・評価【オススメ小説】名探偵の定義とはなにか。夢水清志郎の答えがかっこいい

「みんなが幸せになるように事件を解決する」名探偵、夢水清志郎。彼のヤバい生態と、カッコいい一面が読める、夢水清志郎シリーズ第一作の紹介です。

マイ国家:星新一|感想・レビュー・評価【おすすめ小説】暖かい部屋で、ウイスキーをちびちびやりながら読みたい本

『マイ国家:星新一』 ショートショートは贅沢に読める ショートショートと言われる小説のジャンルをご存知でしょうか。 短編集は、1冊の本に大体4~6程度の物語が含まれています。 この本、マイ国家は、31の物語が集まってできています。 かといってページ…

夢をかなえるゾウ:水野敬也【おすすめ啓発本】|感想・レビュー・評価-本当に成功したいあなたへ

『夢をかなえるゾウ:水野敬也』読んで、行動すればあなたも成功者に!! ベストセラーにもなったので、知っている人も多いこの本。 おなじみ、インドの大衆神、ガネーシャが、どこにでもいるサラリーマン(僕)に様々な課題を与えます。 その課題を実行してい…