読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

26冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「下」|感想・評価・レビュー付き

ミステリ ビジネス・自己啓発本 理系 まとめ

26冊のおすすめ本をご紹介

 

 みなさんこんにちは。

 前回に引き続き、先月に紹介したおすすめの本プラスαをご紹介させていただきます。

 前回の記事はこちらから

26冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「上」|感想・評価・レビュー付き - 目的別推し本

 今回のテーマは、「ミステリ」「自己啓発本関連」「理系の本」「その他」です。

 たまに、未だ記事にしていない本も出てきますが、あしからずご容赦ください。

 本は目的別に配置してありますので、インデックス的使い方をしていただければと思います。

 それでは、26冊ご紹介の「下」、始めさせていただきます。

 

f:id:macchahiko:20160405155230j:plain

 

ミステリ

 

15.春期限定いちごタルト事件:米澤穂信

 アニメにもなった、「古典部シリーズ」と並び称される、「小市民」シリーズ

 その第1作目になります。

 米澤さんは青春ミステリも本格モノも、完成度が高いですね。

 今、私イチオシのミステリ作家です。

www.oshibon.net

 

16.斜め屋敷の犯罪:島田荘司

 ミステリ界の帝王、島田荘司さんによる、御手洗潔シリーズ第2作目。

 第1作はこちら

【おすすめミステリ】占星術殺人事件|感想・評価・レビュー―43年前の不可能犯罪を解くのはあなた - 目的別推し本

 シリーズ最新作の、「星籠の海」 が、最近実写化されたことでも話題になった、御手洗シリーズ。

 この「斜め屋敷の犯罪」は、島田さんの代表作の1つとも言われる傑作ミステリです。

 本格好きの方には必読の1冊です。

www.oshibon.net 

 

 

自己啓発本・自分を高める本

 

17.人生がときめく片づけの魔法:近藤麻理恵

 今、自分の周りをぐるっと見渡してみてください。

 片付いてますか?

 なんとなくでも、しっくりこないというなら、この本がオススメです。

 著者の近藤さんは、アメリカの雑誌で、「最も影響力のある100人」の1人に選ばれるなど、

 この本も世界中で翻訳され、大・大・ベストセラーになっています。

 なにがすごいって、この人のやり方で片付けをすると、リバウンドしないんです。

 本当におすすめの1冊。詳しくは下からどうぞ。

www.oshibon.net

 

18.28歳からのリアル マネー編:人生戦略会議

 28歳というと、最初に迎えるキャリアの分岐点ですね。

 多少の前後はあれど、この時期に自分の人生・今の生活など、見直す人が多いのは事実です。

 この本は、そんな時期にこそ考えてほしい、知ってほしい、お金の話をまとめている本になります。

 まず自分の状況を知ること。

 それが次のステップへの第1歩になると、教えてくれる本です。 

www.oshibon.net

 

19.仕事は楽しいかね?:デイルドーデン

 ドキッとさせられるタイトルだなぁ、と思ったみなさん。

 1度読んでみてはいかがでしょうか。

 この本、成功するための概念を唱えるだけに留まりません。

 今の状況を整理・打開する具体的な方法も紹介されていますよ。

 仕事を楽しくするヒントをもらえる1冊です。

www.oshibon.net

 

20.池上彰のやさしい経済学1:池上彰

 日本一わかりやすく解説をしてくれる男、池上彰さんの経済学の本です。

 もともとはTV番組であったものを書籍化しています。

 全2巻で、こちらは1巻。

 1巻では、経済とは? お金とは? 世界経済が歩んだ歴史などを、わかりやーすく解説しています。

www.oshibon.net

 

 

理系の本

 

21.人類が知っていることすべての短い歴史(上)(下):ビルブライソン

 私が知る中で、最強の理系本です。

 例えは分かりやすく、宇宙の始まりから現代までを全て網羅。

 なおかつ、その時代に活躍した研究者たちのドラマまで覗き見ることができます。

 この本に出会い、読み始めた時の衝撃、きっと忘れられないものになります。

 ただ、有る程度の科学的事前知識はあった方がいいでしょう。

 これを読む前に、宇宙や理系の入門書を1,2冊読んでおくと更に楽しめますよ。

www.oshibon.net

 

22.ますます眠れなくなる宇宙のはなし

 眠れなくなる宇宙のはなしシリーズ、第2作目です。

 第1作目はこちら

【オススメ理系本】眠れなくなる宇宙のはなし|感想・評価・レビュー―本当に眠れなくなるのか検証 - 目的別推し本

 1作目が、宇宙のなりたちや宇宙の不思議をテーマにしていたのに対し、

 こちらは、地球外生命についてが主題です。

 佐藤さんの宇宙の本は本当にわかりやすいので、入門者におすすめですよ。

www.oshibon.net

 

23.浜村渚の計算ノート 2さつめ
24.浜村渚の計算ノート 3さつめ

*浜村渚の計算ノートシリーズ:青柳碧人

  知人から、「数学の本でなんか面白いのある?」と聞かれた時に、まずおすすめするシリーズです。

 「数学って、社会に出て使わないじゃん」

 とかほざいていた、あの頃の私を叩きのめしてやりたい。

 独立した記事でシリーズ全体を、近いうちにご紹介しようと計画しています。

 ひとまずここでは、第1作目の記事を貼っておきますね。

www.oshibon.net

 

 

その他(お酒についての本)

 

25.男と女のワイン術:伊藤博之,柴田さなえ
26.男と女のワイン術:伊藤博之,柴田さなえ

 人類が生み出した至高の飲み物、ワイン(言いすぎでしょうか……)。

 ワインの味と料理の味が完全にマッチした時の幸せたるや、私の語彙で表現できるものではありません。

 もし難点をあげるとすれば、ワインは選ぶのが難しいお酒だということ。

 ワインを飲ませる酒場で何を選ぶか、何をヒントに選ぶか。

 スーパーに打ってあるワインで、何を選ぶか、何をヒントにするか。

 白も赤も、基準のワインを持つことをオススメする、ワインの教科書です。

 ワイン大好き!!

www.oshibon.net

www.oshibon.net

 

 

まとめ

 

 以上、前回記事の「上」と併せて、26冊のご紹介でした。

 「上」はこちら

25冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「上」|感想・評価・レビュー付き - 目的別推し本

 6月は、キュンと来る恋愛小説強化月間にしようかなと考えています。

 もし取り上げてほしい本などありましたら、ブクマかコメントいただけると嬉しいです。

 終わりとなりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

「上」の記事

www.oshibon.net

 

先月のまとめ記事

www.oshibon.net

www.oshibon.net

 

 先々月のまとめ記事

www.oshibon.net

 

次回の記事

八月の六日間:北村薫|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】山歩きをする大人な1冊 - 目的別推し本

前回の記事

25冊のおすすめ本ピックアップ|2016年6月版「上」|感想・評価・レビュー付き - 目的別推し本

 

広告を非表示にする