読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

22冊のおすすめ本ピックアップ|2016年7月版「下」|詳細記事付き

22冊のおすすめ本をご紹介「下」

 

 みなさんこんにちは。

 今回は、昨日に引き続き、おすすめの本をご紹介していきます。

前回記事はこちら

 

 それでは早速はじめていきます。

f:id:macchahiko:20160405155230j:plain

 

しっとり心に染みわたる小説

 

12.八月の六日間:北村薫

 

 

 ベテラン作家北村薫さんによる、登山小説。

 美しい山景色の描写は必見。

 

 編集者勤務で、それなりに責任のある立場についている女性が主人公。

 仕事でもプライベートでも、自分の心を開くことのできる機会が少なくなってきた時。

 後輩から山歩きに誘われ、そこで山がわたしの心を開いてくれた。

 それ以来、休暇が取れる時にはかならず山へ行く。

www.oshibon.net

 

13.梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱

 

 

 突然会社を辞めた夫。

 夫の実家で義母との同居が始まっただけでもストレスだというのに、主人公の災難はまだまだ続く。

 夫と元嫁との子供までもが同居すると言いだし、その彼氏もついてきた!!

 義母の恋人と名乗る近所の住民も遠慮なしにやってくるし……!!

 なんてこったい。

www.oshibon.net

 

14.まほろ駅前多田便利軒:三浦しをん

 

 

 まほろ市で便利屋を営んでいる多田は、ふとしたことから高校時代の同級生である行天と再会する。

 この男、高校の時から変人キングの名をほしいままにしていた。

 ルックスがいいくせに、1言も喋らないという奇天烈な奴だった。

 そんな奴が、なんだかちょっとお喋りになって地元に帰って来た。 

www.oshibon.net

 

 

勉強になる小説

 

15.女子大生会計士の事件簿:山田真哉

 

 

 最年少で会計士になった藤原萌実は元気いっぱい。

 今日も年上で部下のカッキーを連れまわし、監査に向かう。

 監査先の工場長が歓迎会時に口走った言葉――

 「今日はUKから払うぞ」

 UKを裏金だと見た2人は、早速会計資料を調べはじめる。

www.oshibon.net

 

16.神様のパズル:機本伸司

 

 

 宇宙は人工的に創れるのか。

 とんでもなく壮大なことをゼミで研究することになってしまった、大学生の綿貫。

 教授から依頼された、天才少女の穂瑞をゼミに連れてきて、ポイントを稼ぐだけのはずだったのに……。

 更に田植えの手伝いまで頼まれて……卒業できるのだろうか。

www.oshibon.net

 

 

ミステリ

 

17.鳴風荘事件:綾辻行人

 

 

 6年前に彼女の姉が殺されたのと同じような状況で、主人公の同級生である夕海が惨殺される。

 外部犯の可能性が薄いと考えられる中、同じ別荘に宿泊していた同級生とその関係者の中に犯人がいるのだろうか。

 全ての真実が明かされる時、哀しくも美しい人の想いが姿を現す。

www.oshibon.net

 

 

宇宙の本

 

18. 宇宙って面白いの?:岩崎夏海,星出彰彦

 

 

 いまひとつ宇宙に興味を持てない、「もしドラ」の作者、岩崎さん。

 彼が、高校の同級生である星出さんと対談しながら、宇宙の楽しさをインタビューするという変わった本。

 星出さんは日本人宇宙飛行士で1番長く宇宙(ISS)にいた人。

 他にも、岩崎さんがJAXA職員にインタビューしていたりと、宇宙好きのすそ野を広げる1冊。

www.oshibon.net

 

19.とんでもなくおもしろい宇宙:柴田一成

 

 

 文系出身者など、宇宙について初心者に対してもわかるよう書かれた入門書。

 そうした入門書の中でも、この本は特に「太陽」についてかなり詳しく書いてある。

 著者の柴田さんは太陽についての専門家!!

 太陽は毎秒200キロほど移動しているって、知ってました?

www.oshibon.net

 

20.プラネテス幸村誠

 

 

 地球の周りを高速でぐるぐると回っている宇宙空間のゴミ「デブリ」。

 デブリの回収業者に勤める「ハチマキ」という男を追ったマンガ作品。

 死んだ妻の形見を宇宙空間で探し続ける男。

 テロで喫煙所を破壊されてタバコが吸えず、地球に降下する女など、

宇宙でやるからこそ面白い話が盛りだくさん。

www.oshibon.net

 

 

おすすめ!! 池上彰さんの本

 

21.世界を変えた10冊の本:池上彰 

 

 

 日本一分かりやすい解説をしてくれる男、池上彰さんが選ぶ、世界に多大な影響を与えた10冊の本を紹介している。

 聖書やコーランなど、宗教的な本はもちろん、国の在り方を決める経済学の本やアンネの日記まで。

 一見バラバラなジャンルにも思えるが、実は全て繋がっていたりするから面白い。

www.oshibon.net

 

22.世界を変えた10人の女性:池上彰

 

 

 世界を変えた〇〇シリーズ第2弾。

 世界に対して多大な影響を与えた女性10人を紹介している。

 アウンサンスーチーさんや、マザーテレサなど錚々たる顔ぶれが並ぶ。

 10人目に紹介されている、ベアテ・シロタ・ゴードンさんの人生はそれだけで大河ドラマができそう。

www.oshibon.net

 

 

まとめ

 

 以上、今回まとめたおすすめの本1覧でした。

 興味をそそる1冊はありましたか?

 今月もみなさんの参考になるような記事を書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

関連記事

過去の様々なまとめ記事

おすすめ本まとめ先月版

www.oshibon.net

www.oshibon.net

 

笑える本のまとめ

www.oshibon.net

 

泣ける小説まとめ

www.oshibon.net

お金の本まとめ

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

現在準備中

前回の記事を読む

現在準備中

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする