読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

【おすすめアニメ】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。|感想・評価・レビュー―印象だけで毛嫌いしてはめちゃくちゃもったいないアニメ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 監督:長井龍雪

 

 みなさんこんにちは、じょんです。

 今日は初めてアニメの紹介をしてみます。

 アニメというジャンルだけで、「うっ……」となってしまう方もいらっしゃると思います。

 しかし、どうか一度踏みとどまって、新たなジャンルに食指を少しでも伸ばしていただけたらと思います

 というのもこのアニメ、とんでもなく泣けるんです。

 見た目に騙されてはいけません。

 みなさんの心の中にある、センチメンタルな部分を刺激して、誰にでもあった、なつかしいあの頃を思い起こさせる。

 そんな作品の、ご紹介です。

f:id:macchahiko:20160421135023j:plain

 

 あらすじ

 

 高校受験に失敗し、引きこもり気味になった主人公「じんたん」。

 彼のもとに、昔一緒になってあそんだ幼馴染「めんま」が、6年ぶりに現れる。

 お願いがあると言うめんま。

 しかもその願いは、かつていつも遊んでいた仲間たち、「超平和バスターズ」のメンバーとでしか叶えられないという。

 今は心が離れてしまった超平和バスターズ。

 複雑な想いを持ちながら、じんたんは過去の友達との交流を少しずつ再会していく。

 

 

秘密基地の思い出

 

 子供の頃、自分や、親しい友達だけの秘密基地を作った経験があるでしょうか。

 大半の方は、どういう形であれ作ってみたことがあるはずです。

f:id:macchahiko:20160421135338j:plain

 この物語の中にも、過去に「超平和バスターズ」で作った、秘密基地が出てきます。

 小高い丘の上にあるその秘密基地は、高校生である彼らの心だけでなく、みなさんの心をも童心へと連れ帰ります。

 幼いながら感じたほのかな恋心。

 まだ暗い色のついていない嫉妬心。

 幼いころ誰もが持っていた感情を、みずみずしく思い出させてくれます。

 

 

リアルな登場人物たち

 

 主人公「じんたん」は引きこもり気味の高校生。

 受験やら何やらをこじらせて、学校に行かず家でゆっくりしています。

 そんな彼ですが、6年前は「超平和バスターズ」のリーダーでした。

 6年前のリーダーに会いに来た、「めんま」。

 超平和バスターズのマスコット的存在で、泣き虫な女の子。

 性格は6年前とほとんど変わっていないようです。

 茶髪でミニスカートの似合う、イマドキ女子高生「あなる」

 とんでもないあだ名ですが、彼女の本名が安城鳴子(あんじょうなるこ)であるところからきています。

 他の登場人物たちも全員リアルで、それぞれに悩みや不安を抱えている高校生です。

 離れてしまった彼らの心を繋ぎ直す過程は、涙なしには見られません。

 

 

まとめ

 

 とにかく泣けます。

 私はタイタニックを初めて見た時以上に泣きました

 アニメは子供の頃卒業して、大人になってから見なくなったなぁ。

 という人が見るべきアニメです

 興味の間口を少し広げる意味でも、たまには違うジャンルに手を出してみてはいかがでしょうか。

 皆さんを後悔をさせない作品です。

 まずはレンタルDVDなどで、試し見してくださいね。

  

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 DVDBOX 

amazon

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ作品、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

泣きたい時:★★★★★ 5

笑いたい時:★★★☆☆ 3

キュンとしたい時:★★★☆☆ 3

 

関連記事

 泣けるマンガはこちら

www.oshibon.net

 

最近一番泣けた小説

www.oshibon.net

 

泣ける小説などまとめ

www.oshibon.net

 

広告を非表示にする