読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

フェルマーの最終定理|感想・評価【おすすめ理系本】

ビジネス・自己啓発本 自分を高める本 理系

『フェルマーの最終定理:サイモン・シン』3世紀半解かれることのなかった難問への挑戦と、その記録

 

 1600年代中ごろ。

 フランスにて、ひとりの裁判官が、今後3世紀以上にわたり数々の天才を苦しめる難問を投げかけました。

 フェルマーの最終定理です。

 その内容はいたってシンプル。

 数式アレルギーの方もいらっしゃると思うので、あえて詳しくは説明しません。(wikipediaに飛びます)

 その数式自体は、中学生の数学知識でも理解ができるものです。

 しかし、この数式が真であるか、もしくは偽であるか。

 つまり、成り立つか成り立たないかを証明するのがとてつもなく大変でした。

 

 以降約350年間、数々の数学界の天才達をも寄せ付けなかったこの問題の解。

 1994年、ついに完全なる証明が論文として発行されます。

 著者の名は「アンドリュー・ワイルズ」。

 眼鏡をかけ、少し内気そうな風貌をした彼こそが、350年の謎に終止符を打ち、更には数学界をも1段、2段とレベルを押し上げたのです。

 そんな彼と最終定理との戦い、そこにいたるまでの数学の歴史を描く、ノンフィクションのご紹介です。

f:id:macchahiko:20160429124928j:plain

以下、裏表紙より引用

 

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが――。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション!

 

 

ひねくれフェルマーさん

 

 数学の父とも言われるピエール・ド・フェルマーさん。

 彼は、大学で数学の勉強をしているわけではなく、趣味で数学の問題を解くのが好きな、アマチュア数学者でした。

 あくまで趣味なので、論文などは書きませんし、新しく思いついた理論についても、特に人と議論したり広めたりすることもありません。

 彼の人柄は、上記引用部分にも現れています。

 

f:id:macchahiko:20160413160203j:plain

 「すごいこと思いついちゃったけど、余白ないし書けないや。メンゴメンゴ」

 

 それでも、彼が問題を解いた後の、メモとも言える走り書きには、目を見張るモノがあまりにも多かったのです。

 彼のメモは、その息子によりまとめられ、出版されました。

 1つ1つ読み解いていく内に、数学界に数々の新発見をもたらしたそのメモ。

 最後に残ったフェルマーからの宿題が、「最終定理」だったのです。

 

 

国境・世代を超えての挑戦

 

 アンドリュー・ワイルズの完全証明には、国境、世代を超えあらゆる数学者達の遺産が使われています。

 彼らが一歩ずつ残したその足跡を編纂し、強化、拡大させた結果、ワイルズは3世紀のパズルを解くことができたのです。

 みなさんは、この証明にあたって、最も重要な鍵となった理論の1つが、日本人からもたらされたことをご存知でしょうか。

 「谷山、志村予想」と言われたその理論。

 これはフェルマーの最終定理と非常に関係が深く、谷村、志村予想が成り立つのなら、フェルマーの最終定理もまた成り立つという関係性でした。

 また、岩澤健吉さんによる「岩澤理論」。

 ワイルズ1度目の挑戦にて矛盾が発見された時、彼に最後のアイデアを授けたのがこの理論です。

 日本で言えば、江戸時代前期から始まっていた、フェルマーの最終定理への挑戦。

 その終止符を打つために、私達日本人の先達も、大きな役割を果たしていたのです。

 3世紀半にわたる世界の数学者の挑戦。

 そこにまつわるドラマは、最近読んだどんな小説よりも面白く、熱くなれるものがありました。

 根気強く、粘り強くこの問題と向き合った、全ての数学者に敬意を表します。

 

 

まとめ

 

 ノンフィクションの科学本ではあるのですが、中身はまるで冒険譚のようです。

 1つの目標に対して、歩みは遅くとも少しずつ近づいていく。

 最終的に、アンドリューが完全証明を果たすところは、鳥肌モノです。

 少年漫画で王道な、冒険譚が好きな人。

 そしてもちろん、数学に少しでも興味のある方にお勧めします。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

自分を高める本:★★★☆☆ 3

理系:★★★★☆ 4 

 

関連記事

この本が気になったあなたにおすすめする理系の本、4選

数学の楽しさを教えてくれる小説:浜村渚の計算ノート|青柳碧人

www.oshibon.net

 

 フェルマーの最終定理も出てきます:人類が知っていることすべての短い歴史|ビル・ブライソン

www.oshibon.net

 

宇宙の本ならこれ!:眠れなくなる宇宙の話|佐藤勝彦

www.oshibon.net

宇宙好きなら読んでおくべき漫画:プラネテス|幸村誠

www.oshibon.net

 

 

次回の記事を読む

【おすすめミステリ】緋色の囁き|感想・レビュー・評価―お嬢様学校で起こった惨事!名家に秘められた恐ろしい真実とは - 目的別推し本

前回の記事を読む

グリーン家殺人事件|感想・評価【元祖「館モノ」ミステリ】 - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする