目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

獄門島:横溝正史|感想・レビュー・評価【おすすめミステリ】ドラマより小説の方が絶対にオススメな金田一耕助シリーズ

『獄門島:横溝正史』映画、ドラマよりも小説版がおすすめ

 

 金田一耕助と聞いて、あなたはまず、何をイメージするでしょうか。

 石坂浩二や古谷一行を思い出す方。小説は読みましたか? 読んでいない方。もったいないです。今すぐ読みましょう。

 稲垣五郎を思い出す方。さてはあなた、10代~20代前半ですね? なにはともあれ、もったいないです。今すぐ小説を読みましょう。

 IQ180で、美人幼馴染の尻に敷かれる高校生探偵を思い出す方。本当にもったいないです。今すぐ小説を読みましょう。

 この、金田一耕助シリーズ。オリジナルの小説版がとにかく面白いんです。

 その中から最高傑作とも言われている、獄門島をご紹介します。

 

f:id:macchahiko:20160505120727j:plain

 

以下、裏表紙より引用

 

獄門島――江戸三百年を通じて流刑の地とされてきたこの島へ金田一耕助が渡ったのは復員船の中で死んだ戦友、鬼頭千万太に遺言を託されたためであった。

『三人の妹たちが殺される……おれの代わりに獄門島へ行ってくれ……』

 瀬戸内海に浮かぶ小島で金田一は、美しい三姉妹に会った。

 だがその後、遺言通り悪夢のような連続殺人事件が!

 後世の推理作家に多大な影響を与え、今なお燦然と輝く、ミステリーの金字塔!!

 

 

 

ホラーテイストな雰囲気

 

 映画版やドラマでもそうなのですが、この金田一耕助シリーズ、とにかく暗いんです。

 ほとんどの登場人物も、どこか異常な部分を隠し持っているような描き方をされています。

 また殺人の方法も、暗さを演出する装置の一つです。

 犬神家のアレは、あまりにも有名すぎて最近はネタっぽくもなってきていますが、初めて見たときは衝撃でした。

 この獄門島でもまた、異常ともいえる現場が出てきます。

 そしてそのどれもが、どこか美しさも孕んでいる。

 この、暗い暗い雰囲気の中で、じわりとにじみ出てくる妖艶さのようなものが、金田一耕助シリーズ一番の魅力だと言えます。

 私も大好きな、彼の孫が出てくるあのシリーズにも、その雰囲気は踏襲されていますね。(特に初期の方)

 蛇足ですが、この獄門島、雰囲気も暗ければお天気も暗い。

 大概のシーンで雨。そして夜です。

 

 

島独特の文化、秩序、倫理

 

 小説の舞台になる獄門島。

 瀬戸内海にある、架空の島です。(Googleマップ先生でも見つけきれませんでした

 この島、もともとは海賊の根城で、島外の人が近づきにくい歴史的背景がありました。

 閉ざされた社会で、独自に形成される文化。

 金田一耕助は、事件を解決するに当たり、この島独自の文化に混乱させられます。

 「網元」と呼ばれる、名門一家同士の対立。

 特殊な信仰事情。

 排他的な雰囲気。

 外から来た金田一は当惑するばかりですが、実際に住んでいる人たちは、この文化圏の中で生まれ、育っている。

 このカルチャーギャップが、獄門島の大きなテーマになっています。

 余談ですが、日本という島国も、地理的に他の国と隔たれていますね。

 外国の方の日本旅行が増加傾向にあるのは、この国に、カルチャーギャップを感じさせてくれるものが、色濃く残っているからなのかもしれません。

 大事にすべきところは、大事にしていきたいものです。

 

 

読むにあたって

 

 40年前に書かれた本ですので、現在では暴言と取られてしまう表現が多数あります。

 出版サイドによると、当時の時代背景と文学性を考えて、そのままにしてあるとのこと。

 私は出版サイドに賛成です。

 そのままにしてくれたおかげで、当時の雰囲気や情景が想像しやすくなっていると思います。

 万人を不快にする類のものでは決してありませんので、事前知識として、そういう表現が出てくると、皆さんにお伝えしておきます。

 文章自体は現代でも非常に読みやすく、堅苦しいところはありませんので、安心してください。

 

f:id:macchahiko:20160423120113j:plain

 皆さん、野球のピッチャーに防御率があるように、探偵にも防御率があるのをご存知でしょうか。

 その名も殺人防御率

 シリーズの主要10作品を選定し、それら1作品毎に殺人事件が何件起きたかという数字になります。

 金田一耕助選手の防御率は、名のある名探偵の中で、ワースト3に入るとも言われています。

 その数字4.2(Wikipedia調べ)。

 別に擁護するわけではありませんが、これは金田一耕助の探偵感による部分も大きいのです。

 それについては機会があれば別記事にしようと思っています。

 皆さんも、ぜひ、いつもとは違う角度からも、金田一耕助シリーズを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

 なにはともあれ、シリーズ最高と名高いプロットを、じっくり楽しんでいただけること、間違いなしです。

 ミステリ初心者の方に、ぜひ入門書としても読んでいただきたい一冊です。

 コアなファンの方々は、もちろん読んでいらっしゃることと思います。オススメを、私に教えてください……

 

 

最後に

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

 

目的別おすすめ度

ミステリ:★★★★☆ 4

 

関連記事

この本が好きなあなたにおすすめの4冊

孫の活躍はこちら:電脳山荘殺人事件|天樹征丸

www.oshibon.net

御手洗潔シリーズ第1弾:占星術殺人事件|島田荘司

www.oshibon.net

 御手洗潔シリーズ第2弾:斜め屋敷の犯罪|島田荘司

www.oshibon.net

 いちおしミステリ:葉桜の季節に君を想うということ|歌野晶午

www.oshibon.net

 

次の記事を読む

【おすすめ啓発本】「続ける」習慣|感想・レビュー・評価-三日坊主はもうやめた!習慣づけする技術とは - 目的別推し本

前の記事を読む

夢をかなえるゾウ:水野敬也【おすすめ啓発本】|感想・レビュー・評価-本当に成功したいあなたへ - 目的別推し本

 

広告を非表示にする