読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

陽だまりの彼女:越谷オサム|感想・評価【女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1】

泣ける本 キュンとする本 小説

陽だまりの彼女越谷オサム』はおすすめのキュンとくる小説

 

 今回は、「女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1」という触れ込みの小説をご紹介します。

 題名は陽だまりの彼女」。

 嵐の松本潤さんと、上野樹里さんで実写映画化されたので、聞いたことがある方も多いのでは。

 著者は「越谷オサムさん」。

 日常の中に少しだけファンタジーを混ぜ込んだ手法に定評のある作家さんです。

 この作品、ハッピーエンドなのか、そうでないのか、意見が分かれるエンディングを迎えます。

 あなたはどう捉えるのでしょうか。

 ミリオンセラーともなった素敵な恋愛小説の、ご紹介。

 

f:id:macchahiko:20160623123020j:plain

 

以下、裏表紙より一部引用

 

幼馴染と十年ぶりに再会した僕。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、僕には計り知れない過去を抱えているようで――その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる!

 

 

あらすじ

 

 新規取引先企業の会議室で、中学校の同級生だった女の子と偶然再会した僕。

 中学校時代、完全無欠のバカだった彼女、渡来真緒(わたらいまお)は、

新進気鋭のランジェリーメーカーで出来る女、さらにモテる女になっていた。

 共有する過去もあって、猛スピードで距離をつめていく2人は間もなく交際を始める。

 しかし、真緒は僕に重大な秘密を隠していた。

 実家へ挨拶に行った時、彼女の父から明かされるその秘密に驚愕しながらも、

真緒への想いは変わらず、勢いそのままに僕たちは結婚した。

 幸せいっぱいの結婚生活。

 全てが順風満帆に思えた。

 だけど、真緒の秘密は、1つだけじゃなかった。

 

 

感想

 

 みなさんは、ミステリアスな異性をどう思いますか?

 どこか妖しさを孕んでいながらも、魅力的にうつりますよね。

 この作品のヒロイン「真緒」も、ミステリアスな所があります。

 妖しさというよりも、危うさを持つ彼女ですが、普段はとっても素直でキュートなのです。

 そんな彼女と「僕」が過ごす新婚生活の描写は、ニヤニヤが止まりません。

 気の置けないパートナーとこんな生活ができれば、幸せだろうなぁと羨ましくなります。

 だけど、彼女には最終最大の秘密が。

 その秘密の伏線が、最初から最後まで散りばめられています。

 その伏線が、最後に全て回収された時、予想外の感情が読者を襲う!!

 という仕掛けになっています。

f:id:macchahiko:20160414145752j:plain

 恋愛小説であり、ちょっとミステリであり、また、ちょっとファンタジーでもある。

 とても素敵な物語でした。

 

 

まとめ

 

 読んでいると、何かが近づいている気がするのですが、気になって次のページに行ってしまう作品です。

 ミリオンセラーもうなずける完成度でした。

 書店では、「女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1」という売り文句で売られていたこの小説。

 「僕」が「真緒」を大事にしている描写が、女子達の琴線に触れたのでしょう。

 女性のみなさんは、まずご自分で読んで納得したら、パートナーにさりげなくオススメしてみてはいかがでしょう。

 更に大事にしてくれるかもしれませんよ。

 

 余談ですが、小説(原作)と、実写映画版では多少エンディングが変わるようです。

 大筋の物語は一緒なので、どちらか気になる方を手に取ってみては。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

泣ける:★★★★☆ 4

キュンとくる:★★★★★ 5 

 

関連記事

この本が気になったあなたにおすすめする恋愛小説、4選

夫婦の愛を知る物語:きいろいゾウ西加奈子

www.oshibon.net

 時空を超え、愛を紡ぐ:ライオンハート恩田陸

www.oshibon.net

高校生の青い恋:黄色い目の魚|佐藤多佳子

www.oshibon.net

おすすめ恋愛小説シリーズ:キスまでの距離|村山由佳

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

まほろ駅前多田便利軒:三浦しをん|感想・評価【第135回直木賞受賞作】 - 目的別推し本

前回の記事を読む

神様のパズル:機本伸司|感想・評価【理系小説を読もう】 - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする