読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

女子大生会計士の事件簿|感想・評価・レビュー【おすすめ本】小説で学ぶ会計学

『女子大生会計士の事件簿:山田真哉』物語を楽しみながら会計を学ぶ

 

 みなさんこんにちは。

 今回ご紹介するのは、会計の知識を物語から学べる小説です。

 小難しい単語が並んで、読むのが退屈な専門書・参考書。

 読んでいて面白くない本の内容って、なかなか頭に入ってきません。

 楽しみながら何かを学べるなら、そっちの方がいいですよね。

 資産を運用する際にも、必須とも言うべき会計学の知識。

 ミステリ風味のストーリーと一緒に、学んでみませんか?

f:id:macchahiko:20160609125441j:plain

 

以下、裏表紙より一部引用

 

キュートな女子大生会計士・藤原萌実と入所一年目の新米会計士補・柿本一麻が監査の先々で出くわす奇妙な事件。粉飾会計、会社乗っ取り、クーポン券詐欺などバラエティ豊かな謎を解くうち、会計の仕組み、会社の仕組み、そして経済の仕組みがみるみる分かる!

 

 

あらすじ:簿外入金・架空出金の話

 

 全部で7つある章のうち、最初の1つ、<北アルプス絵はがき>事件をご紹介します。

 この事件のテーマは、簿外入金・架空出金がテーマ。

 平たく言うと、「裏金」です。

 

 新米会計士補、柿本は、全国最年少で公認会計士試験に合格した女子大生、藤原萌実と共に、富山に来ていた。

 2人は明日、中堅飲料水メーカー、製造工場の会計監査を行う予定になっている。

 歓迎会の意をこめて、メーカー側から催された食事会の会計時、工場長が気になる言葉を発する。

 「ここは、〈UK〉から払うぞ――」

 この工場には裏金があると踏んだ柿本と萌実は、工場の帳簿を徹底的に調査する。

 しかし、費用にせよ収益にせよ、目立っておかしな変動が無かった。

 が、ひょんなことから萌実はUKが何の略なのか気付くと、謎が一気に解けていった。

 はたしてUKとは一体!?

 裏金か? 売掛金か? それとも……。

 

 

感想:初学者から中級者まで

 

 会計学に興味があるけど、基礎の「きの字」もわからないという方でも理解できるように書かれています。

 実はこの本、もともとは資格取得学校のTACによるフリーペーパーで出版されていたもの。

 会計の知識が無い人に、会計学の楽しさを知ってもらうために書かれていたんです。

 ですから、「会計とはなんぞや」という状態の方が、最初のとっかかりとして読むのにピッタリですよ。

 会計初心者~中級者までは、ガッツリと楽しめる作品です。

 私は過去に多少会計学をかじった人間(中級者レベル)ですが、しっかり楽しめました。

f:id:macchahiko:20160609130006p:plain

 専門的知識を物語に落とし込んでくれると、理解しようとするモチベーションが上がります。

 「浜村渚の計算ノート」も同じ手法で、数学の楽しさを伝えていますね。

www.oshibon.net

  数学に全く興味が無い人でも、すこし数学が好きになってしまう仕掛けになっています。

 今回ご紹介した「女子大生会計士の事件簿」も、

 あなたを会計好きにしてしまうパワーを持った本です。

 スキルアップにも直結する会計学。

 ここらで1度、学んでみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

 会計学初学者~中級者まで、楽しく学べる1冊です。

 難しい単語はかみくだいてわかりやすく説明してくれます。

 だからといって、内容がチープになりすぎていない点も評価に値するポイントですね。

 余談ですが、著者の山田さんは、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」の著者としても有名。

 ご本人も公認会計士・税理士として、現役でご活躍中です。

 わかりやすく、なお楽しめるこの作品、1読の価値がありますよ。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

笑える本:★★☆☆☆ 2

自分を高める本:★★★★☆ 4

 

関連記事

この本が気に入ったあなたにおすすめする本、4選

数学とミステリの融合:浜村渚の計算ノート|青柳碧人

www.oshibon.net

 

 日本一わかりやすい経済学の本:池上彰のやさしい経済学|池上彰

www.oshibon.net

 

日本一わかりやすい宇宙の本:ねむれなくなる宇宙のはなし|佐藤勝彦

www.oshibon.net

 眠れなくなる宇宙シリーズ第2弾:ますます眠れなくなる宇宙のはなし|佐藤勝彦

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

現在準備中

前回の記事を読む

twitter始めました - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする