目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

【おすすめ啓発本】鏡の法則|感想・評価・レビュー―泣けて、ためになる一挙両得な本

『鏡の法則』で対人関係を改善させよう

 

 最近、人間関係で悩んでいませんか?

 どうしても苦手な人、許せない人から、ストレスを受けていませんか?

 「自分の人生で起こる問題の原因は、自分の中にある。」

 今回ご紹介する、「鏡の法則」と呼ばれる心理学の考え方です。

 この鏡の法則を活かせば、相手を許し、自分を許すことができます。

 とても勇気のいるステップもありますが、乗り越えれば今よりも幸せになれるのです。

 やってみる価値はあるでしょう。

 今回はそんな「鏡の法則」を物語に落とし込んだ、とても読みやすい1冊のご紹介です。

 

f:id:macchahiko:20160514150530j:plain

 

以下、amazon内容紹介より引用

 

読んだ人の9割が涙した!

インターネットで爆発的にひろがっている、愛と感動の真実のストーリー。

この短い物語には、あなたの悩みを解消し、運を開くヒントがあります。

 

 

この本、元は著者である野口嘉則さんのブログです。

ブログで反響が大きかった記事に、解説を加えて、書籍化したものなのです。

 

 

泣ける自己啓発本

 

 この本の構成は、前半がストーリーで、後半がその解説となっています。

 特徴は、鏡の法則を軸とした前半のストーリー。

 こいつが皆さんを泣かせにくるんです。

 主人公は41歳の主婦。

 息子がいじめにあっており、どうしていいやら悩んでいます。

 夫はなんだか頼りなく、相談できない中、1人で悶々としている女性です。

 問題解決を得意とする専門家から、鏡の法則を教わり、実践していくという流れで進んでいきます。

f:id:macchahiko:20160514151043p:plain

 この実践していく過程が、泣けるんです。

 誰しも経験のある、両親との確執や、パートナーとの関係悪化。

 それらが改善されていく様子に、ついつい感情移入してしまいますよ。

 

 

30分で気軽に読める

 

 ストーリー部分だけで数えると、60ページほどです。

 短編小説を1つ読むよりも早く、さくっと読めます。

 それでいてしっかり泣ける、なおかつ実生活にも役に立つという親切設計。

 まずは物語を読んで、じーんときてください。

 その後、後半に書かれている解説を読みましょう。

 ここでは、実際に鏡の法則を使うための、数ステップが紹介されています。

 ぜひとも自分のモノにして、自分の人生に、幸せな出会いと和解を引き寄せてくださいね。

 

 

まとめ

 

 現在対人関係に悩まれている方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

 新たな角度からの、解決の糸口になるかもしれません。

 単純に泣ける物語をお探しの方にもオススメできます。

 しかも30分で泣けます。

 短いからといってナメてはいけませんよ。

 そんじょそこらのお涙ちょうだい小説より、リアルです。

 きっとあなたも、幸せな涙を流すことができます。

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

泣ける本★★★★☆ 4 

自分を高める本:★★★☆☆ 3

大切な人のために読む本:★★★★☆ 4 

 

関連記事

 この本も、意外と泣けるんです:夢をかなえるゾウ

www.oshibon.net

 

幸せについてのベストセラー:嫌われる勇気

www.oshibon.net

 

広告を非表示にする