目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

神様のパズル:機本伸司|感想・評価【理系小説を読もう】

『神様のパズル:機本伸司』宇宙は創れるか!? おすすめ宇宙についての小説

 

 相対性理論を作り上げ、20世紀最高の頭脳とも名高いアインシュタイン

 彼は言いました。

 「私の人生の目標は、神のパズルを解くことだ」

 人間とは、世界とはという疑問を突き詰めると、宇宙とは何かという疑問に突き当たります。

 アインシュタインは、それこそが神のパズルだと考えたのでしょう。

 そんな神のパズルを解き明かそうとする、大学生たちの物語のご紹介です。

 

f:id:macchahiko:20160622135011j:plain

 

以下、amazon商品説明より一部引用

 

留年寸前の僕が担当教授から命じられたのは、不登校の女子学生・穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとの無理難題だった。天才さゆえに大学側も持て余し気味という穂瑞。だが、究極の疑問「宇宙を作ることはできるのか?」をぶつけてみたところ、なんと彼女は、ゼミに現れたのだ。僕は穂瑞と同じチームで、宇宙が作れることを立証しなければならないことになるのだが…。

 

 

あらすじ

 

 就職活動を目前に控えた大学生、綿貫。

 気になっている女子学生を追いかけて素粒子物理学のゼミに入った彼であったが、

そこで教授から、天才学生・穂瑞沙羅華をゼミに連れて来てほしいとお願いされる。

 単位的に卒業を危ぶんでいたので、しぶしぶではあるが、彼女の家へと向かう綿貫。

 頭の良さ故に、常に周囲の嫉妬や好奇の目に晒されてきた天才、穂瑞は、性格がねじ曲がっていた。

 綿貫の訪問にも心を動かさず、彼はゼミに連れていくのを1度は諦める。

 が、後日再訪し、「宇宙とは何か?」と問いを投げかけたことがきっかけで、

彼女はゼミに顔を出し、更にゼミのテーマを「宇宙の作り方」にしてしまった。

 他の生徒から非難を浴びる中、ここでも彼女のお守り役となってしまった綿貫は、

彼女と一緒に、宇宙の作り方を解き明かさんと動きだす。

 

 

感想

 

 小説ということで、多少甘く見ていました。

 ガッツリ理系の本です。

f:id:macchahiko:20160622140556j:plain

 専門用語はビュンビュン飛び交いますし、それに対する説明も初心者向けではありません。

 なので、物理学に対して基礎知識のある方におすすめしたい1冊です。

 私自身、全くの初心者ではないので、世間の平均よりは理解できたと感じますが、

完全に知識が無い状態だと、おそらく読了することができないでしょう。

 ただ、ストーリーは専門用語抜きにでも楽しめるモノです。

 大学生達の恋、失恋、コンプレックス、人生などなど、内容は盛りだくさん。

 個人的には、ストーリーにもう1工夫加えてほしかったなという想いですが、

それでもSF小説として完成されている部類でしょう。

 

 

まとめ

 

 お、宇宙の小説だ。

 読みやすいだろう!!

 と、思って手を出すと、痛い目をみます。

 基礎知識を蓄えたうえで読むと、120%楽しめますが、初学者がここから入るのは難しいでしょう。

 まずは初心者向けの宇宙の本を、何冊かお読みになってはいかがでしょうか。

 後で少し紹介しますね。

 

 ストーリーの大筋は、大学生の青春モノになります。

 難しいことはよぉわからん!!

 という方は、ひとまずナナメ読みしてみて、興味が出る分野があれば詳しく調べてみるという読み方も出来ますよ。

 ちなみに、2008年に実写映画化されていますので、気になる方はそちらもチェックしてみては?

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

SF:★★★☆☆ 3

宇宙:★★★☆☆ 3 

 

関連記事

この本が気になったあなたにおすすめする本、4選

宇宙の入門書:眠れなくなる宇宙のはなし|佐藤勝彦

www.oshibon.net

 その続編:ますます眠れなくなる宇宙のはなし|佐藤勝彦

www.oshibon.net

宇宙×SF×漫画:プラネテス幸村誠

www.oshibon.net

数学が面白くなる小説:浜村渚の計算ノート|青柳碧人

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

陽だまりの彼女:越谷オサム|感想・評価【女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1】 - 目的別推し本

前回の記事を読む

世界を変えた10冊の本:池上彰|感想・評価【おすすめ本】 - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする