読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

黄色い目の魚|感想・評価・レビュー【おすすめ恋愛小説】青春は苦い想いで美しく彩られる

『黄色い目の魚:佐藤多佳子』は、おすすめできる青春恋愛小説

 

 今回ご紹介するのは「黄色い目の魚」という本です。

 様々な書評サイトなどでも、おすすめの恋愛小説として取り上げられていますので、

ご存知の方も多いかもしれません。

 少し歪んだ家族との関係により、心に傷を負っている高校生の男女。

 彼らが心を許せる人は少なく、どこか孤独感を感じているようです。

 さて彼らは、心から愛せる人を見つけることができるのでしょうか。

 

f:id:macchahiko:20160415131857j:plain

 

以下、amazon商品説明より一部引用

 

海辺の高校で、同級生として二人は出会う。周囲と溶け合わずイラストレーターの叔父だけに心を許している村田みのり。絵を描くのが好きな木島悟は、美術の授業でデッサンして以来、気が付くとみのりの表情を追っている。友情でもなく恋愛でもない、名づけようのない強く真直ぐな想いが、二人の間に生まれて――。

 

 

あらすじ

 

 高校生の男女2人が主人公です。

 1人は、村田みのり。

 人に合わせるのが苦手な彼女は、家族から疎まれ、学校でも友達は多くありません。

 心を許せるのは、叔父の「通ちゃん」だけ。

 もう1人は、木島悟。

 サッカー部に所属していて、絵を描くのが癖になっている男子高校生です。 

 両親はまだ彼が幼いころに離婚。

 幼いころ1度だけ会った父、母からろくでなしと聞いていた父は、絵を描くのが好きな男でした。

f:id:macchahiko:20160611123621j:plain

 高校生になり、クラスメイトとなったみのりと悟。

 特に接点もない日々が続いていました。

 ある日の美術の授業時間、悟はみのりの上半身像を描くことになります。

 が、どうしてもうまく書けない。

 なぜだろう。これは彼女の姿だけど、彼女を表してはいない。

 そう感じた悟は、無意識に、そしてまた意識的に、視線でみのりを追うようになります。

 悟を知り、悟の絵を知ったみのりも、弱からず彼を意識してしまうのです。

 この気持ちは恋なのか、友情なのか。

 絵を通じ、人を通じ、2人はその感情の答えを解き明かすことはできるのでしょうか。

 

 

感想:がっつり没入できて、ちょっぴり泣ける物語

 

 高校生と高校生の青春モノというジャンルを、久々に読んだ気がしました。

 思えば最近の小説・漫画には、どちらかが少し、もしくはとても年上、年下という、

年の差恋愛が多いですね。

 高校生同士というのは、王道であるが故に、少し使い古された感もあるのかもしれません。

 

 それはそうと、この物語は面白かった。

 高校生と高校生という軸があるものの、そこに叔父が加わり、年上の美しい女性が加わり……

 と、ただ単純な高校生の恋愛に終わっていないところが良かったです。

 家族との間に抱えるコンプレックスが鍵になっています。

 17,18歳あたりって、家族との間にわだかまりを抱えることが多いですよね。

 私もその頃、家族との会話がめっきり減っていたことを思い出します。

 心当たりのある方が読むと、より感情移入できますよ。

 

 

まとめ

 

 家族との間にわだかまりを抱えている方。

 美術(絵)に興味のある方。

 そんな人の本棚に、ピッタリ当てはまる1冊です。

 男女の主人公なので、男性・女性ともに感情移入しやすいつくりになっています。

 子供から大人へと変わる過渡期は、いろんな葛藤がありますよね。

 青臭くもあり、ホロ苦くもある、透明感のある物語でした。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

泣ける本:★★☆☆☆ 2

キュンとする本:★★★★☆ 4

 

関連記事

この本が気に入ったあなたにおすすめする本、4選

キュンとくる恋愛小説『おいコー』シリーズ:キスまでの距離|村山由佳

www.oshibon.net

 その気持ちにもっと早く気付いていれば……さよなら妖精|米澤穂信

www.oshibon.net

その人じゃないといけない理由はなんだろう:真夜中の五分前|本田孝好

www.oshibon.net

恋愛と性衝動の繋がり:ふがいない僕は空を見た|窪美澄

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

プラネテス:幸村誠|感想・評価・レビュー【おすすめ漫画】人は宇宙で何を想うか - 目的別推し本

前回の記事を読む

宇宙って面白いの?|感想・評価・レビュー【おすすめ理系本】そもそも宇宙の何が面白いのか - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする