読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

嫌われる勇気|感想・レビュー・評価【オススメ啓発本】人にとっての幸福とはなにか。幸福になるためにはどうすればいいのか

『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え:岸見一郎 古賀史健』

 

 アドラー心理学というものを聞いたことはありますか?

 心理学と言えば、フロイト、ユングという名前は出てくるのものの、アドラーという名前には聞き覚えがないかもしれません。

 実は、このアドラー。

 今、日本でも脚光をあび始めています。

 その火付け役とも言うべき本がこれ、「嫌われる勇気」です。

 この本がベストセラーとなり、アドラー心理学への評価が高まってきています。

 今日はそんな本の紹介と、触り程度とはなってしまいますが、アドラー心理学の概要を紹介しましょう。

 

f:id:macchahiko:20160407125336j:plain

 

以下、目次のページより引用

 

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。

 欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な”答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか? もしくは、なにも変わらないのか……。

 さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう――。

 

 

はじめに

 

 アドラー”心理学”と言われてしまうと、理系っぽい心理学の話なのかなと思ってしまいますが、騙されないでください。

 中身は、自己啓発本であり、哲学の本です。

 アドラー心理学というワードはよく出てきますが、どちらかというとアドラー式哲学を知る本だということを、念頭に置いていただければスムーズです。

 

 

人が抱える「悩み」の実態

 

 誰しも悩みはあるものです。

 あなたの悩みはなんですか?

「お金がない?」「背が低い?」「太っている?」「はげてきた?」

 アドラー心理学では、すべての悩みは、「対人関係の悩み」であると規定します。

「お金がない」のが、対人関係の悩みなわけないじゃん。と思ったあなた。

 私もこの本を読む前はそう思っていました。

 しかし、「お金がない」も、「はげてきた」も、全ての悩みは対人関係から来るものと、アドラーは言います。

 「お金がない」を紐解いていくと、「人と比べてお金がない」というところに行きつきます。

 自分にとって必要なお金がないとう感覚も、突き詰めていけば、今、手の届かない誰かを比較対象にしているはずです。

 比べれば優劣が生まれます。

 自分が劣っていると感じれば劣等感を持ちます。

 劣等感を持ったまま生きていたくない。

 これこそが、悩みの核となるわけです。

 

 

「わたし」の課題、「他者」の課題

 

 では対人関係の悩みをなるべく少なくするため、どうすればいいのか。

 この本では、アドラーの教えに従い、こう言っています。

「他者の課題を切り捨てよ」

f:id:macchahiko:20160411172911j:plain

 あなたには恋人がいます。

 彼、もしくは彼女の誕生日に、あなたはプレゼントを贈りました。

 しかし、あなたの誕生日に、恋人はプレゼントをくれませんでした。

 あなたは口に出さずとも不平不満を覚えてしまいます。

 不平不満は悩みとなり、あなたを苦しめていく。

 

 このケースの場合、他者の課題とは、「恋人があなたにプレゼントを贈ること」となります。

 そしてあなたの課題は、「あなたが恋人にプレゼントを贈ること」でした。

 他者の課題を切り捨てるとはすなわち、恋人があなたにプレゼントをするかどうか、それを他者である「恋人」に委ねなさい。ということです。

 あなたがプレゼントを贈られようと、贈られまいと、それはあなたがコントロールできることではないのです。

 

 なんだかペテンにかけられているみたいな感覚ですよね。

 しかし、私自身、この本を読み終わったときに、なるほど、確かになと思えるものが、この本にはありました。

 ちなみに本著内では、勉強をしない子どもと、それを叱るあなたの例が出てきます。

 

 

幸せとは、「貢献感」である

 

 貢献感。

 すなわち、私は誰かの役にたっている。

 という感覚ですね。

 この貢献感をどう得るかが、アドラー心理学最大のテーマだと言えます。

 結論から言ってしまうと、「あなたは生きているだけで、だれかに貢献している」

 これは事実で、これを感じながら生きることであなたは幸福になれます。

 という締めくくりです。

 さっぱりですか?

 そうですよね。

 しつこいようですが、本を読み進めるにつれ、順に理解がふかまるような構成になっています。

 青年と哲人の対話方式なので、文章がただだらだらと説明的に並んでいるわけではありません。

 アドラー心理学の面白さを伝えることのできない私の文章力のバカ!

 でも、こんな私とて、誰かに貢献しているのでしょうね。

 

 

まとめ

 

 この記事を見て、「なんだこれ?」とか「どゆこと?」など、少しでも興味をもたれた方は、一読の価値ぜぇったいに有りです。

 興味を持たれなかった方。私の文章力不足です。すみません。機会があれば読んでみてください。

 私ができるのは、ここまで。

 読むか読まないかは、あなたの課題なのです。

 みたいな本です。

 

 

最後に

 

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。 

 

目的別おすすめ度

自分を高めたい時に読む本:★★★★★ 5

大切な人のために読む本:★★★★★ 5

 

なんと、最高評価です!

 

関連記事

幸せについてのおすすめ本2冊

20代にしておきたい17のこと

www.oshibon.net

ユダヤ人大富豪の教え

www.oshibon.net

 

生きているだけで誰かに貢献していることがわかる小説2冊

東京バンドワゴン

www.oshibon.net

 春、戻る

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

【オススメ小説】そして五人がいなくなる|感想・レビュー・評価―名探偵の定義とはなにか。夢水清志郎の答えがかっこいい - 目的別推し本

 

前回の記事を読む

【オススメ小説】電脳山荘殺人事件|感想・レビュー・評価-漫画より ちょっと下品な ハジメちゃん - 目的別推し本

 

広告を非表示にする