読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

ララピポ:奥田英朗|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】格差社会の底辺を生きる人々の群像劇

泣ける本 笑える本 怖い…… 小説

『ララピポ:奥田英朗』幸せとは縁遠い人々の物語

 

 今回ご紹介するのは、奥田英朗さんの、ララピポという作品です。

 奥田さんといえば、精神科医の伊良部シリーズが有名ですね。

 このララピポは、伊良部シリーズと比べると、暗くて陰鬱な雰囲気の作品です。

 世間的に、社会の底辺と呼ばれる人たち。

 彼らが現状を打開するために奮闘したり、

 やっぱり諦めたり、

 破滅したりする物語。

 それをどこか、アイロニックに面白おかしく書いています。

 センチメンタルな気分になれる、1冊です。

 

f:id:macchahiko:20160527155343j:plain

 

以下、裏表紙より一部引用

 

みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いて行くのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専用DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長編。

 

 

第1話あらすじ

 

 全6話で構成されています。

 1話ずつ主人公が変わりますが、他の話の主人公が他の話でわき役として登場したりします。

 ここでは第1話「What A FOOL BELIEVES」のあらすじを少しだけ紹介しますね。

 

 32歳のフリーライター、杉山博は対人恐怖症を患っていた。

 そうなってしまった原因に心当たりはあるが、わざと見ないふりをしている。

 ライターとしての収入は月に14万円ほどだが、家賃が10万する家に住んでいる。

 生活はとっくに破たんし、貯金を少しずつ食いつぶす生活だが、引っ越す予定もない。

 自分は1流大学を卒業したというプライドが、彼にはあった。

 上の階に住むホスト風の住人が、連日連れ込む女の嬌声をおかずに、自らを慰める毎日。

 彼の頭は煩悩に支配されつつあった。

 そんなある日、行きつけの図書館でナンパした1人の女性と関係を持つ。

 お世辞にも美しいとは言えない容姿の持ち主ではあった。

 そうであったからこそナンパすることができたとも言える。

 何回か関係を持つと、女は段々と図々しくなってきた。

 嫌気がさした杉山は女と別れる。

 彼の急転落は、ここから始まった。

 

 

感想:読んでいてしんどくなるが、読むのを止められない

 

 6人の主人公は全員、傍から見るとめちゃくちゃしんどそうな生活をしています。

 しかし、当人たちはいたって普通に生活をしているよう見えるのです。

 頭の片隅では、自分の現状が異常だということを分かっているのでしょう。

 だけど、それを頑なに認めないようにしています。

 認めてしまえば、何もかも完璧に壊れてしまう気がするからです。

 壊れるのは、現状に似合わないプライド。

 捨ててしまえば楽になれることは、分かっているけれど、捨てられない。

 プライドってそういうものですよね。

f:id:macchahiko:20160527155923p:plain

 私も、くだらないプライドを持っている人間の1人です。

 これでも、自尊心の塊であった時期から比べれば、ずいぶんと身軽になったと感じています。

 自分のプライド1枚ずつ脱ぎ捨てる作業は、長い時間と、強い覚悟、そして勇気が必要でした。

 もしあの時、プライドを捨てないことを選択していたら……。

 私も、この「ララピポ」の主人公達のような生活をしていたのかなぁと感じました。

 

 

まとめ

 

 悪い言い方ですが、他人の不幸を見ると、自分の心が少し軽くなることって、ありますよね。

 どうもムシャクシャする時に、この本を開いてみると、同じ効果が得られることでしょう。

 自分が既に底辺にいると思い込んでいる6人の主人公達は、軒並みさらにひどい目に会います。

 まさに「泣きっ面に蜂」小説です。

 最近自分はどうにもついていない、と感じている方。

 ぜひこの作品を読んで、「上には上がいる」という言葉の意味を、噛みしめて下さい。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

泣ける本:★★☆☆☆ 2

笑える本:★★★☆☆ 3

怖い本:★★★★☆ 4 

 

関連記事

 ララピポに雰囲気が似ている小説3冊

真夜中の五分前

www.oshibon.net

 

ふがいない僕は空を見た

www.oshibon.net

 

犬はどこだ

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

笑える小説・エッセイ10冊【面白いおすすめの本】|笑ってスッキリしましょう - 目的別推し本

前回の記事を読む

【おすすめSF】おもいでエマノン|感想・評価・レビュー|30億年の記憶を持つ女 - 目的別推し本

 

広告を非表示にする