読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

【おすすめ理系本】ますます眠れなくなる宇宙のはなし|感想・評価・レビュー―宇宙人の存在はロマン

『ますます眠れなくなる宇宙のはなし』で、宇宙人に思いを馳せてみた

 

 宇宙人の存在を信じますか?

 私はといえば、「どこかになにかしらの生命体が存在する」ことは信じています。

 今回紹介する本は、「地球外生命体」の存在について解説をしている1冊です。

 宇宙物理学者の佐藤勝彦さんによる、「眠れなくなる宇宙」シリーズ2作目。

 「ますます眠れなくなる宇宙のはなし」です。

 1作目の紹介記事はこちらから。

 みなさんも、星の輝く夜、そのどこかにいるかもしれない宇宙人に、思いを馳せてみませんか?

 

f:id:macchahiko:20160428114220j:plain

 

以下、amazon商品説明より一部引用

 

本作のテーマは地球外生命。近年急速な発達をとげている太陽系外惑星の最前線レポートから、「はやぶさ2」のミッション、火星の生命の可能性、生命の存在条件などまで、幅広く解説します。

 

 

私たち生命の年齢は、38億歳

 

 私たち人間を含む、全ての動物と植物の祖先は、地球上のどこで、いつごろ産まれたのでしょう。 

 現在の科学によると、およそ38億年前に、生命が誕生したと言われています。

 ちなみに地球は何歳だと思います?

 46億歳です。

 そう考えると、地球が出来て、割とすぐに生命も誕生したと言えるのではないでしょうか。

 とは言え、地球誕生から生命誕生まで8億年かかるわけですが……。

 生命がいつ生まれたのかはだいたいわかりました。

 では、その生命自体は、いったいどのようにして生まれたのでしょう。

 大きく分けて、2つ説があります。

 

 1.海底にある、熱水を噴出する穴の付近から出現した説

 2.宇宙からやってきた説

 

 ここで詳しく説明してしまうと、読む楽しみが無くなってしまいますので自重しておきます。

 2の説は、荒唐無稽に思われてしまうかもしれません。

 が、意外と論理的な根拠があるんですよ。

 みなさんは今の時点で、どちらの説を推しますか? 

 

 

もし生命が、海底熱水噴出孔の出身なら

 

 もし、上記1の説が当たっているとしたら。

 地球外生命体は意外と近くにいるかもしれません。

 と、いうのも、太陽系の中に、海底熱水噴出孔を持つ可能性がある星があるからです。

 エンケドラスという星の名前を聞いたことがありますか?

 土星のまわりをぐるぐると回る、衛星(月みたいなもの)です。

 この星、表面は氷で覆われているのですが、時折その隙間から、液体の水が噴出しているのです。

f:id:macchahiko:20160522174901j:plain

 氷の下には、巨大な海があり、そこに生命が生息しているのでは?

 と考えられ、現在も調査中です。

 「水・金・地・火・木・土・天・海」と並べると、地球からかなり遠いと思いがち。

 ですが、太陽系の中にあるということは、天文学的にはモノスゴクご近所さんです。

 どちらも23区内と例えてもいいでしょう。

 太陽系内だけをみても、まだまだ面白い星はたくさんあるんですよ。

 メタン(天然ガスの主成分)の海、河があって、メタンの雨が降る星なんてのもあります。

 太陽系にです。

 23区内にです。

 さらにさらに最近は、太陽系の外の惑星(系外惑星)も続々と発見されています。

 どこにどれだけ奇妙な星があって、奇天烈な生命がいたとしても、おかしくないですよね。

 

 

まとめ

 

 内容を少しだけご紹介しましたが、いかがでしたか?

 私は宇宙大好き人間なので、ワクワクし通しでした。

 この本の良いところは、宇宙初心者に対しても分かりやすく、親切に書かれているところ。

 なので、宇宙に少しは興味があるけど、なんだか難しそう……。

 などと考えている方にジャストフィットします。

 前作、「眠れなくなる宇宙のはなし」では限りなくある宇宙の謎を。

www.oshibon.net

 そして今作では、「地球外生命」にスポットを当てています。

 宇宙大好き人間の私が、今まで読んできた宇宙の本の中でも、ダントツに分かりやすいシリーズです。

 この本を機会に、宇宙に理系に生命に、興味を持って下さればとてもうれしいです。

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

理系の本★★★★☆ 4 

 

関連記事

 佐藤勝彦さん著、眠れなくなるシリーズ1作目:眠れなくなる宇宙のはなし

www.oshibon.net

 生命ってなんぞや:生物と無生物のあいだ

www.oshibon.net

 137億年の出来事を1000ページでおさらいする最強の理系本:人類が知っていることすべての短い歴史

www.oshibon.net

 理系カテゴリの本はこちらからどうぞ

www.oshibon.net

 

広告を非表示にする