読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

【おすすめ小説】真夜中の五分前|感想・レビュー・評価―洗練されたセリフでドップリはまる恋愛小説

キュンとする本 小説 泣ける本

真夜中の五分前 side-A,B 本田孝好

 

 恋愛小説でとても大切な要素は、セリフです。

 恋が成就するまでに乗り越えなければいけない障害も、もちろん大切ですが、それ以上にセリフは大切です。

 さて、この本、「真夜中の五分前」は、恋愛小説です。

 side-Aとside-Bから構成されており、特徴はもちろんセリフ。

 質の高い恋愛小説の例に漏れず、セリフが洗練されているのです。

 登場人物同士の掛け合いがとても面白くて、ぐいぐい次のページに引っ張られます。

 セリフのテイストは、村上春樹さんや、市川拓司さんのようなイメージ。

 泣ける、キュンとくる

 そしてそれだけでは終わらない……そんな小説をお探しの方に、ピッタリな小説のご紹介です。

 *続きものです。絶対にside-Aから読んでください

 

f:id:macchahiko:20160415225215j:plain

以下、amazon商品紹介より一部引用

 

少し遅れた時計を好んで使った恋人が、六年前に死んだ。いま、小さな広告代理店に勤める僕の時間は、あの日からずっと五分ズレたままだ。そんな僕の前に突然現れた、一卵性双生児のかすみ。彼女が秘密の恋を打ち明けたとき、現実は思いもよらぬ世界へ僕を押しやった。洒落た語りも魅力的な、side-Aから始まる新感覚の恋愛小説。

 

  「僕の時間が五分ズレたまま」とありますが、SF要素はほとんどありません。

 「洒落た語り」は本当に魅力的ですよ!

 

 

「喪失」と「再生」の物語

 

 上記商品紹介にもあるように、六年前に恋人を亡くし、どこか心が擦れてしまった主人公「僕」の物語です。

 この「僕」のセリフがとにかくオシャレでかっこいい。

 心が擦れているけれど、別段そのことをどうとも思っていないような態度をとる主人公。

 彼から出てくる言葉は、少しだけ浮世離れしている印象を受けます。

 それでいて、ビジネスも十二分にこなすスマートさと論理性も持ち合わせている、ハイスペック主人公です。

 六年前からずっと彼の心に巣くう喪失感を、新しい恋で埋めることはできるのでしょうか。

 そしてその先に待つ結末は……。

 喪失と、再生をテーマにした物語です。

 

 

キーワードは「一卵性双生児」

 

 みなさんの友人に、一卵性の双子はいますか?

 まるっきり同じDNAを持つ人間が、自分のすぐそばにいる。

 どんな気分なのでしょうか。

 想像しがたいことです。

f:id:macchahiko:20160419114914j:plain

 この本のヒロインは、一卵性双生児。

 彼女いわく、一卵性双生児はそうでない人よりも、「自分」という存在について深く考える機会が多いそうです。

 服を交換するだけで、親でさえ自分の存在を認識してくれはしない。

 その中で、自分って一体なんなんだ……? という疑問が湧いてくるそうです。

 実在する全一卵性の方々がそうなのかはわかりません。

 それでも、なんとなく理解できる部分もあるのかなと感じました。

 物語の鍵を握る、「一卵性双生児」。

 もしあなたの恋人が、一卵性の双子だったら。

 いたずら心に服と髪型を変えてあなたの前に出てきた2人を、あなたは見分けることができるでしょうか

 なぜ、どちらか一方を愛して、なぜその人でなければならなかったのか、説明することはできるでしょうか……

 

 

読了感

 

 読み終わった後、心が物語の方へと引っ張られていました。

 1時間程度たつとやっと冷静になってきましたが、読み終わった直後は、誰か親しい人の声を聞きたくなった程です。

 私も疑似的な体験として、「喪失」と「再生」を味わっていたようです。

 それほど没入感を与えてくれる小説です。

 

 

まとめ

 

 「喪失と再生」、「一卵性双生児」

 2つがキーワードとなる小説です。

 どちらかにでもピンと来る方におすすめです。

 キュンとしたい方

 洗練されたセリフに、ドキッとさせられますよ。

 なによりも、泣ける小説をお探しの方には、特におすすめです。

 絶対にティッシュをお手元に用意して、読んでくださいね。

 

 真夜中の五分前 sideA,B 新潮文庫 本田孝好

amazon 楽天ブックス 
amazon 楽天ブックス

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ本度

泣きたい時:★★★★★ 5

キュンとしたい時:★★★☆☆ 3

 

関連記事

 こいつもガッツリ泣けますぜ

www.oshibon.net

 

 最高に感動する漫画

www.oshibon.net

 

泣ける作品まとめ

www.oshibon.net

 

広告を非表示にする