読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

プラネテス:幸村誠|感想・評価・レビュー【おすすめ漫画】人は宇宙で何を想うか

泣ける本 笑える本 SF 理系 漫画

『プラネテス:幸村誠』は、オススメのSFマンガ

 

 みなさんこんにちは。

 今日は久々にマンガのご紹介です。

 「ヴィンランド・サガ」を手がける幸村誠さんのSFマンガ「プラネテス」

 全4巻と一気読みしやすい分量です。

 が、その内容がとっても濃い!!

 宇宙を舞台にした、緻密な人間ドラマから目が離せなくなりますよ。

 宇宙で働くことが、今よりもっと普通のことになっている近未来。

 危険と隣り合わせの職場を持つ、人間の想いを感じることのできるマンガです。

 

f:id:macchahiko:20160612153717j:plain

 

以下、amazon商品説明より一部引用

 

主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

 

「ハチマキ」はあだ名です。

主人公は日本人で、本名は「星野八郎太(ほしのはちろうた)」と言います。

 

 

あらすじ:1巻、第1話

 

 2074年。

 宇宙空間を高速で飛ぶ宇宙ゴミ「デブリ」を回収する仕事についているハチマキ。

 その日も年上の同僚、「ユーリ」と共に、漂うデブリを回収していた。

 船外での作業を終え、母艦に帰投しようとしていた2人だったが、

ユーリが何かを追うように突然帰投コースから外れ、どこかへ向かっていった。

 タイミング悪く、そこへ無数の小デブリが飛来する。

 

 ハチマキの救助により、なんとか1命をとりとめたユーリ。

 彼の右手には小さなコンパスが握られていた。

 6年前、宇宙船へのデブリ衝突により亡くなったユーリの妻。

 コンパスは彼女の遺品だった。

 

 

感想:宇宙だから面白い

 

 上のあらすじは、いかがでしたでしょう。

 「亡くした妻の遺品を探し続け、それを見つける」。

 とてもシンプルなストーリーですが、それを宇宙でやるというだけで、随分と違う印象になりますね。

 主人公のハチマキは、若者にありがちな悩みを抱えています。

 夢があり、理想があるけれど、現実がそこに向かうことを妨害している。

 そんな状況に嫌気がさしながらも、生活のためにはやらなくてはいけない。

 俺にできるのだろうか・・・・・・。

 などと悩みながらも、彼は少しずつ前進していくのです。

 これだって、物語の展開としては普通ですが、宇宙でやるとなると表情ががらりと変わるのです。

f:id:macchahiko:20160612154158j:plain

 私は宇宙が好きです。

 宇宙のことを考えると、自分の悩みも小さく感じます。

 作品内の、2070年代では、宇宙がずっと身近な存在になっています。

 もし、みなさんが悩みを持っているのなら。

 宇宙にいる登場人物たちと一緒に悩めば、そこから抜け出せるヒントを得られるかもしれませんよ。

 

 

スペースデブリについて

 

 ハチマキが回収しているデブリについて少し。

 デブリとは、もともと私達が打ち上げた衛星やロケットの残骸です。

 それらが、地球の周りをモノスゴイ速さで回っています。

 それはそれはモノスゴイ速さなので、たった数cmのデブリが宇宙船に衝突するだけで、

致命的なダメージとなります。

 これは未来の話ではなく、今この瞬間にも、私達の頭上には数え切れない数のデブリが、既に存在するのです。

 地上でも、宇宙空間でも、私達が出したゴミをどうするのか。

 これからの時代は特に、考えていきたいですね。

 

 

まとめ

 

 今、現状にモヤモヤとした不満や不安を抱えている方。

 読んでみて下さい。

 宇宙に進出した人たちも、同じような悩みを抱えています。

 彼らからもらえるヒントもあるでしょう。

 一緒に悩んでみてはいかがでしょうか。

 単純に、面白いSFマンガとして読むこともできるので、SFファンの方はぜひ。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

泣ける本:★★★☆☆ 3

笑える本:★★★☆☆ 3

SF:★★★★☆ 4

 

関連記事

この本が気に入ったあなたにおすすめする本、4選

おすすめSF:おもいでエマノン|梶尾真治

www.oshibon.net

 おすすめSF:All You Need Is Kill|桜坂洋

www.oshibon.net

プラネテスについて解説している本:マンガの創り方|山本おさむ

www.oshibon.net

おすすめ宇宙の入門本:眠れなくなる宇宙のはなし|砂糖勝彦

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

【ほっこり泣ける】東京バンドワゴンシリーズのすすめ【小路幸也】その1 - 目的別推し本

前回の記事を読む

黄色い目の魚|感想・評価・レビュー【おすすめ恋愛小説】青春は苦い想いで美しく彩られる - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする