目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

【オススメ小説】さよなら妖精|感想・評価・レビュー―米澤穂信、歴史+ミステリの原点

『さよなら妖精』で、歴史とミステリを同時に楽しみましょう

 

 「王とサーカス」という小説をご存じでしょうか。

 2015年の「週刊文春ミステリーベスト10」で1位。

 2016年の、「このミステリーがすごい!」と、「ミステリが読みたい!」でも1位。

 同年の「本格ミステリベスト10」では3位という、鬼のような成績を残しているミステリ小説です。

 メディアなどの露出も多かったため、知っている人も多いであろうこの作品。

 主人公の名前は太刀洗万智(たちあらいまち)と言います。

 実はこの人物、過去の作品にも主要人物として登場しているのです。

 その作品こそが今回ご紹介する、「さよなら妖精」。

 著者、米澤穂信さんお得意の、歴史とミステリを掛け合わせる原点となった1冊です。

 

f:id:macchahiko:20160511153457j:plain

 

 

以下、裏表紙より一部引用

 

一九九一年四月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。

 

舞台は1991年です。

この年、中央ヨーロッパで起きた出来事が、物語の大きな軸になります。

 

 

歴史の転換点とミステリは相性が良い

 

 主人公は冬に受験を控える男子高校生、守屋路行(もりやみちゆき)。

 *この作品で太刀洗万智は主人公では無く、守屋の同級生という立ち位置です。

 彼が、ユーゴスラヴィアから来たと話すマーヤに出会うところから物語が始まります。

f:id:macchahiko:20160511154420j:plain

 ところで、ユーゴスラヴィアという国、今はもう有りません

 1991年、ユーゴスラヴィアでは、大事件が起こりました。

 ユーゴスラヴィア紛争です。

 この紛争が、物語の上で、最大の謎解きを主人公にさせることになります。

 歴史上の紛争と、物語上の謎解きをリンクさせているのです。

 この相性が良いんです。

 物語としての面白さと、史実としての面白さを同時に味わえる。

 贅沢な作風ですね。

 

 

青春小説としての側面も

 

 米澤さんで青春小説と言えばやはり、「氷菓」などの、「古典部」シリーズでしょう。

 この作品、さよなら妖精も、なかなか青春していますよ。

 主人公の守屋は多少中二病の気がありますし、高校生、恋だってします。

 まだそういった感情をコントロールできず、戸惑いながらも前に進もうとする。

 そんな、登場人物たちの成長も見てほしいところです。

 クライマックスはホロりと来ますよ。

 恋を恋と、ハッキリ認識できるようになったのは、いつからだったろう。

 ふと、そんなことを考えさせられました。

 

 

まとめ

 

 「王とサーカス」を読んで、面白いと思った方。

 太刀洗ファンの方。

 どうぞ、読んでみてください。

 女子高生時代の彼女はいったいどんな娘だったのか、覗き見することができますよ。

 

 ガチガチのミステリが読みたい気分の方には、物足りないかもしれません。

 だけど、もしあなたが歴史好きなら、きっと楽しめる作品になっています。

 ぜひ、読んでみてくださいね。

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

泣ける本★★★☆☆ 3 

ミステリ:★★★☆☆ 3

 

関連記事

米澤穂信さん作品

www.oshibon.net

www.oshibon.net

 

広告を非表示にする