目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

世界を変えた10冊の本:池上彰|感想・評価【おすすめ本】

『世界を変えた10冊の本:池上彰』あなたは何冊読んだことがあるか

 

 みなさんこんにちは。

 今回ご紹介するのは、説明・解説のプロこと、池上彰さんの本「世界を変えた10冊の本」です。

 本は、世界に多大な影響をもたらし得る力を持っています。

 世界を変えた本と聞いて、みなさんがイメージする本はなんでしょう。

 「聖書」「コーランなど、宗教的書物はすぐに思いつきそうですね。

 この2冊ももちろん、この本で紹介されています。

 が、この世界にはまだまだ、とてつもないパワーを持った本があるのです……。

 

f:id:macchahiko:20160405155144j:plain

 

以下、裏表紙より一部引用

 

『聖書』の基礎を知ることでみえる歴史の流れとは? 革命の原動力となった『資本論』の理論とは? 『コーラン』『種の起源』『アンネの日記』からケインズフリードマンの経済初まで、世界史に大きな影響を与えた10冊を池上彰が厳選、その内容と歴史的意義を解き明かす。

 

 

紹介されている10冊の本

 

 本の中で紹介されている順番に並べています。

 

アンネの日記アンネ・フランク

・聖書

コーラン

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神マックス・ウェーバー

資本論カール・マルクス

イスラーム原理主義の「道しるべ」|サイイド・クトゥブ

沈黙の春レイチェル・カーソン

種の起源チャールズ・ダーウィン

雇用、利子および貨幣の一般理論|ジョン・M・ケインズ

・資本主義と自由|ミルトン・フリードマン

 

 みなさんは、何冊読んだことがあるでしょうか。

 読んで無くても大丈夫。

 これら、とても重要だけど、とっつきにくい本を、日本一わかりやすく説明してくれるのが、池上さんです。

 

 

内容紹介

 

 触り程度とはなりますが、簡単に内容を紹介させていただきます。

 

 アンネの日記という題名の本をご存知でしょうか?

 この本、題名の通り、アンネ・フランク」という人の日記を出版したものです。

 じゃあアンネ・フランクって誰なの? となります。

 ドイツのユダヤ人家庭に生まれたアンネは、ヒットラーによる弾圧から逃れるため、オランダへ移住します。

 そう、アンネの日記は、第2次世界大戦時に書かれた日記なのです。

 オランダもドイツに占領され、アンネ1家は自前の隠れ家で約2年間を過ごすことに。

 アンネが13歳から15歳までの間に、大部分をその隠れ家で書き綴ったものになります。

 13歳から15歳というと、人生の中で1番多感な時期です。

 そんな時期を、隠れ家という限られた空間で過ごした少女の、反抗心・恋・性・成長が記されています。

f:id:macchahiko:20160621163533j:plain

 話は変わりますが、イスラエルという国があります。

 ユダヤ人による国です。

 池上彰さんは、イスラエルの建国と維持に、この「アンネの日記」が大きく影響していると言います。

 アンネの日記が大ベストセラーになることで、ユダヤ人に対する同情的見方が世界中に広がったためです。

 イスラエル建国についてのゴタゴタはここでは省略しますが、興味のある方は1度調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

 歴史・宗教・生物学・経済と、様々なジャンルの本10冊を紹介しているこの本。

 バラバラなようでいて、実は全て繋がっています。

 宗教が歴史を作り、生物学が宗教を否定し、経済がまた歴史を作るという具合に。

 この本では、色んなジャンルに飛び散ってしまったピースを、池上さんの解説でうまく繋ぎ合わせています。

 歴史や宗教、生物学、宗教に興味のある方はもちろん、社会そのものに興味を持つためにも、意味のある良書ですよ。

 

 

目的別おすすめ度

自分を高める本:★★★★☆ 4

 

関連記事

この本が気に入ったあなたにおすすめする影響力のある本4選(私調べ)

池上彰さんから分かりやすく経済学を学ぶ:池上彰のやさしい経済学|池上彰

www.oshibon.net

 人を数学好きにしてしまう小説:浜村渚の計算ノート青柳碧人

www.oshibon.net

人を宇宙好きにしてしまう本:眠れなくなる宇宙のはなし|佐藤勝彦

www.oshibon.net

お金についての考え方を一変してしまう本:ユダヤ人大富豪の教え|本田健

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

神様のパズル:機本伸司|感想・評価【理系小説を読もう】 - 目的別推し本

前回の記事を読む

きいろいゾウ:西加奈子|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】夫婦のための恋愛小説 - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。