目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

【おすすめ小説】春期限定いちごタルト事件|感想・評価・レビュー―米澤穂信さんお得意の青春ミステリ

『春期限定いちごタルト事件』で、人の死なないミステリの魅力を再認識しました

 

 皆さんは、人が死ぬ(殺される)ミステリと、人死にの無いミステリ、どちらが好きですか?

 私はというと、どちらかと言えば、人が死ぬシーンのある方が好きです。

 危機感が煽られて、物語に没入しやすくなりますよね。

 ただ、いつもかつも人が死ぬ作品ばかりを読んでいると、少しばかり食傷気味になるのも事実。

 心も少しずつ疲れてきます。

 そんな時にこそ、人の死なないミステリがオススメです。

 ということで今回は、米澤穂信さんの「小市民シリーズ」第1作のご紹介です。

 

f:id:macchahiko:20160514221118j:plain

 

以下、裏表紙より引用

 

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?

 

 高校一年生といえば目立ちたいお年頃でしょう。

 それとは反対の道を行こうとする小鳩君と、小佐内さんの物語です。

 

 

ゆったりと休日に読みたいミステリ

 

 この春期限定いちごタルト事件、「小市民シリーズ」と言われるシリーズの、第1作なんです。

 小市民シリーズは現在第3作まで出ています。

 特徴は、人が死なないこと。

 人死にの出ないミステリなので、多少危機感を感じにくいのは確かなのです。

 それでも読ませる筆力が、米澤さんの凄さ。

 日常の謎を、ここまで面白く書ける作家は稀有だと言い切れます。

f:id:macchahiko:20160405155204j:plain

 もう1つ、米澤穂信さんのシリーズで「古典部シリーズ」が有ります。

 このシリーズも人が死にません。

 そして大人気です。

 「満願」や「王とサーカス」など、最近は重厚なテーマが多い米澤さんですが、

 もともとこういった青春ミステリを書くのも大の得意なんです。

 みなさんの心にどっしりとした負担をかける事無く、それでいて面白い作品になっています。

 ゆっくりとした午後に、リラックスできる椅子に腰掛けて、ゆっくりとページを開いてみてはどうでしょう。

 

 

甘い物が食べたくなるミステリ

 

 この作品を読んでいると、無性に甘いものが食べたくなるかもしれません。

 というのも、ヒロインの小佐内さんが、甘い物大好きだからです。

 作中ではしょっちゅう、小鳩君と2人で洋菓子店へ行き、ケーキを食べています。

 春期限定のいちごタルトを盗まれて、とてもがっかりする場面もあります。

 暖かい飲み物と、甘いお菓子を用意して読むことをおすすめします。

 甘いものが苦手だという方は、せめてコーヒーだけでも。

 洋菓子の甘さと、コーヒーの苦味が、よく伝わってくる小説です。

 

 

内容少しだけ

 

 さて、主人公の小鳩君ですが、頭がキレます。

 なのに、なるべく目立たないように、謎解きもしないようにしているのです。

 いったいなぜ?

 ヒロインの小佐内さんにもなんだか秘密がありそうです。

 いつも一緒にいるけど、2人は恋愛関係にもありません。

 いったいどういうこと?

 全ての答えは、みなさんが読んだ時に、面白さと一緒に解明されることでしょう。

 

 

まとめ

 

 軽めのミステリを読みたい時にピッタリの作品です。

 ドキドキしたり、考えたりするのがしんどい時、ありますよね。

 そんな折にこそ、洋菓子、コーヒーを用意して、ゆったり座って読んでみて下さい。

 きっとみなさんの、充実した休日を作る手伝いをしてくれますよ。

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

ミステリ★★★★☆ 4 

 

関連記事

 過去に紹介した米澤穂信さんの作品たち

www.oshibon.net

www.oshibon.net

www.oshibon.net

 

広告を非表示にする