読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

「続ける」習慣:古川武士|感想・レビュー・評価【おすすめ自己啓発本】三日坊主はもうやめた!習慣づけする技術とは

『30日で人生を変える「続ける」習慣:古川武士』習慣化はテクニック

 

 三日坊主。

 耳に痛い言葉です。

「よし、今日から資格の勉強を毎日1時間やっていくぞ」と意気込んでテキストを買ってきたところまでは良かった。

 だけど、3日後、同僚に飲みに誘われ、帰ってそのまま寝てしまう。

 1日休んでしまうと、次は3日休み……結局続けられずに、挫折してしまいます。

 かくいう私もそういうタイプですし、むしろ三日坊主じゃない人間なんていない!くらいに思っています。

 そこでこの本。

 自分がやりたい事を、習慣づけるための、「技術」を教えてくれます。

 小、中、高校で、そんな技術教えてくれますか? (大学でだって教えません)

 つまり、私含め、皆さんが今まで、なにかを続けられなかった理由は、私たちがその「技術」を学んでこなかったからなのです。

 

f:id:macchahiko:20160520230609j:plain

 

以下、本文「はじめに」から引用

 

本書を読めば、次の5つのものを手に入れていただけるでしょう。

 

1.「なぜ続かないのか」が理解できる

2.習慣化のプロセスと対策を体得できる

3.自分の継続のツボを発見できる

4.習慣がもたらす奇跡を実感できる

5.実践のフォローを受けられる

 

本書があなたの「続ける」習慣を身につけるための、座右の一冊になれば幸いです。

 

 

 

完璧主義の功罪

 

 持論ではありますが、生来、人間と言うのは、基本的に完璧主義だと考えています。

 特に日本人は、その傾向が強いかもしれません。

 これは決して悪いことではありません。

 素晴らしい仕事をするために、完璧主義は欠かせません。

 根性論が必要な場面だって、人生には少なからずあります。

 しかし、こと「習慣化」に関しては、完璧主義が、私たちの成長を妨害しかねないのです。

 前述の通り、人はみな、「三日坊主」であり、また、「完璧主義者」でもあります。

 物事を完璧にこなそうとするも、三日坊主であるが故に続かない。

 続かない理由がわからないので、ストレスが溜まり、自己嫌悪に陥る。

 なんだか嫌になって、やめてしまう。

 これが挫折のプロセスです。

 この本で、「続かない理由」を、客観的に学べばどうなるでしょう。

 理由がわかれば、ストレスは減ります。人間は、なんだかわけのわからないものに一番ストレスを感じる生き物です。

 理由がわかれば、自己嫌悪に陥る暇もなくなります。次に向けての対策を考えた方が建設的だからです。

 続ける技術のまず第一歩。それは、「なぜ今まで続けられなかったのか」その原因を理解することなのです。

 

 

30日間、3ステップ

 

 たとえば私が、これから毎日の読書習慣を身につけていくとします。

 実際に習慣として身体が認識するまで、どのくらいの期間が必要だと思いますか?

 そう、上にあるとおり、30日間です。(例外あり)

 要するに、どんなやり方でも、30日間継続が出来れば習慣化できる。

 そうなれば、毎日の歯磨きのように、やらなければ気持ち悪さを感じるくらいになります。

 とにかく、30日間堪えましょう。

 で、終わってしまうと、ただの根性論の本になってしまいますが、ここからが「続ける習慣」が他とは違うところなのです。

 30日間を分解して、3つのステップに分けます。

 反発期、不安定期、倦怠期。

 それぞれ期間中に、乗り越えるべき障害と、その対策があります。

 それを知り、自分なりの対策をたてていくことが、あなたの習慣化メソッドとなるのです。

 

 

読むにあたって

 

 良くも悪くも、「習慣化」に特化した、いわば専門書です。

 じゃあ実際なにを習慣化していけばいいの? という質問には、古川さん(著者)の、別の著書が応えてくれます。

 今後いくつかご紹介していく予定なので、そちらを参考していただけると嬉しいです。

 古川さんの著書ではありませんが、1冊、ぜひともこの本と一緒に読んでいただきたい本があります。

 「夢をかなえるゾウ」です。

www.oshibon.net

 

 ガネーシャの課題一つ一つを、この本で身に付けた、続ける技術で習慣化していけば……。

 想像するだけでわくわくしてきませんか?

 実は私、この「続ける習慣」を読み、感銘を受けた後、ふとしたきっかけで、「夢をかなえるゾウ」の事を思い出したのです。

 その日の内に書店へ行き、ガネーシャと久々の再開を果たしました。

 この二つの本を組み合わせることによる相乗効果。

 これはモノスゴイことになりそうな予感がしませんか?

 

 

まとめ

 

 習慣化一番のポイントは、まずメソッドを知ることです。

 根性ではありません。

 30日間、3ステップ。この中身を頭に入れて、あなたの新しい習慣を作る一助になれれば。

 ぜひ、読んでみてくださいね。

 

 

最後に

 

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

 

目的別おすすめ度

自分を高めたい時に読む本:★★★★★ 5

 

関連記事

この本が気に入ったあなたにおすすめの4冊

試してみることの大切さを教えてくれる:仕事は楽しいかね?

www.oshibon.net

 鏡の法則を使って人生を好転:鏡の法則

www.oshibon.net

 自己啓発本の名著:嫌われる勇気|岸見一郎,古賀史健

www.oshibon.net

 習慣と一緒に学んでシナジーを生む:夢をかなえるゾウ|水野敬也

www.oshibon.net

 

次の記事を読む

私について - 目的別推し本

前の記事を読む

獄門島:横溝正史|感想・レビュー・評価【おすすめミステリ】ドラマより小説の方が絶対にオススメな金田一耕助シリーズ - 目的別推し本

 

広告を非表示にする