目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱|感想・評価・レビュー【おすすめ小説】嫁姑、旦那の娘、その彼氏と同居!?

『梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱:牧村泉』女のストレスとプライドをかけた戦争!!

 

 今回ご紹介する小説は、2016年2月に出版された、牧村泉さんの作品です。

 初めて読む作家さんの本だったので、どきどきしながら読んだのですが、強烈な内容でした。

 私たちが感情移入する主人公が、絶え間なくストレスに見舞われるのです。

 突然転職をする夫、姑との同居、姑の家にあるガラクタの数々……続く……。

 辛い辛い時期を乗り越えて、最後に味わう「ふわっ」としたカタルシスは独特ですよ。

f:id:macchahiko:20160607130906j:plain

以下、amazon商品説明より一部引用

 

東京で結婚した32歳の珠希は、夫が勝手に地元の大阪に引っ越すと決めて会社を辞めたため、しぶしぶついていく。それだけでも大ごとなのに、「夫の実家に住むこと即決定」×「その実家がとてつもないガラクタ屋敷」×「お姑さん、”超”がつく変わり者」×「前妻との娘(18歳。手ごわい)ともまさかの同居」×「おまけにその彼氏まで一緒!?」……と展開はどこまでもストレス地獄へ。珠希はどうにか自分の居場所をつくろうと、ガラクタ撤去&娘(とその彼氏)追い出し計画に乗り出す。

 

いかがですか、このストレス臭。

胃が痛くなりそうでしょう?

 

 

あらすじ:ストレスがベルトコンベアで運ばれてくる

 

 不倫、そして略奪愛の末、夫の史人と結婚した主人公の珠希。

 東京で2人、自由に暮らしていたのだが、ある日突然、史人が会社を辞めてしまった。

 話を聞くと、地元大阪で、叔父のやっているソース屋に転職するという。

 さらに、しばらくは夫の実家で姑と同居してくれなどと言いだす始末。

 散々抵抗を試みたものの、断れない事情もあり、しぶしぶ承諾して大阪へと移動した……のだが。

 そこで待っていたのは姑との同居だけでは無かった!!

 そびえたつガラクタの数々、夫と元妻の娘、その彼氏etcetc……

 そんな中でも自分の居場所を作ろうと珠希は奮闘するのだが、やがて限界がきて……。

 

 

感想:苦難を乗り越えることで跳ね上がる「オカン指数」

 

 もし自分がこの状況になったら……と思うと、身震いせずにはいられなくなる小説です。

 「1難去って、また1難」などと言いますが、この作品においては、

 「1難去らずに、また1難」が続いていきます。

 それだけ主人公をいじめぬいたのだから、きっと最後は溜まったガスが一気に抜ける!!

 と、思って読んでいたら、そうでもありませんでした。

 これがこの作品の妙です。

 ずっとしたかったオナラが出たけど、すかしッ屁で、なんだかスッキリしたようなしないような……。

 汚い例えですみません。

 そんな独特な読了感を楽しめました。

 

 人間、苦境に耐えていくと、段々と「寛容さ」が上がっていきますよね。

 「オカン指数」と言い換えてもいいでしょう。

 この小説の主人公、珠希がこの1冊で経験するのは、まさにそれ。

 苦境に次ぐ苦境、災難、そして自らが招いたトラブルを経て、ストレス耐性が跳ねあがる珠希を見守ってみてください。

 

 

まとめ

 

 序章~終章まで、あわせて8章ある長編小説です。

 内、終章を除く7章は苦難の連続を描いたものになります。

 読むにはなかなかの根性が必要ですが、ぜひ終章まで読んでいただきたいのです。

 スッキ……リ? という、あの独特の感覚を、みなさんにも味わっていただきたい。

 その一心で今回、この小説をご紹介させていただきました。

 男性よりも、女性の方が感情移入しやすい作品です。

 特に既婚女性はいろんな「あるある」が楽しめるでしょう。

 終章まで、つらくてもあきらめず読んでいただければ、なんだか自分の心も軽くなる(気がする)1冊ですよ。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

(ある意味)泣ける本:★★★★★ 5

(ある意味)笑える本:★★★☆☆ 3

(ある意味)自分を高める本:★★★★★ 5

 

関連記事

この本が気に入ったあなたにおすすめする本、4選

大人な女性におすすめ:八月の六日間|北村薫

www.oshibon.net

 苦難につぐ苦難を味わえます:ララピポ|奥田英朗

www.oshibon.net

こちらも女性におすすめ:春、戻る|瀬尾まいこ

www.oshibon.net

 正反対の家族像:東京バンドワゴン|小路幸也

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

twitter始めました - 目的別推し本

前回の記事を読む

【おいコーシリーズ】キスまでの距離|感想・評価・レビュー【おすすめ恋愛小説】 - 目的別推し本

 

広告を非表示にする