目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

宇宙って面白いの?|感想・評価・レビュー【おすすめ理系本】そもそも宇宙の何が面白いのか

『宇宙って面白いの?:岩崎夏海,星出彰彦』宇宙に興味ありますか?

 

 みなさん、宇宙に興味はありますか?

 今回ご紹介するのは、「そもそも宇宙って面白いのか」という疑問を投げかけてくれる本です。

 著者は岩崎夏海さん。

 「もしドラ」の著者として有名ですね。

 この岩崎さんと、宇宙飛行士である星出彰彦さんの対談が、主な内容となっています。

  星出さんといえば、日本人の中で1番長く宇宙に滞在した人です。

 この2人、実は高校の同級生。

 宇宙に興味のない岩崎さんが、宇宙の面白さを星出さんに聞くというスタイルです。

 岩崎さんは、宇宙に興味を見出すことができるのでしょうか。

 

f:id:macchahiko:20160609143404p:plain

 

 以下、amazon商品説明より一部引用

 

まったく宇宙に興味がなかった作家。夢をかなえて旅立つ、同級生の宇宙飛行士。素朴な疑問から取材を重ね、ついには母校に帰って宇宙の「魅力」「生活」「未来」について語り合う。

 

 

遠すぎる存在になってしまった宇宙

 

 ガガーリンさんやアームストロングさんといった方々が活躍した1960年代。

 これを皮切りに、1970年代は宇宙を題材とした作品がいくつも産まれました。

f:id:macchahiko:20160428114220j:plain

 しかし、そこから宇宙は、私たち一般人にとって少しずつ遠い存在となり、

 今では、あまりにも遠くて、興味も何もイメージがつかない状況になりつつありますね。

 著者の岩崎さんも同じ考えで、「宇宙の面白さがわからない」とのこと。

 それに対して星出さんは、宇宙に興味を持ったきっかけや、

宇宙飛行士を目指すようになったきっかけを話します。

 星出さんの話はまさに、宇宙の何が彼をひきつけたのか、ということ。

 みなさんが宇宙に興味を持つようになるきっかけの、大きなヒントになるかもしれません。

 

 

JAXAメンバーとも対談

 

 星出さんだけではなく、宇宙飛行の裏方ともいえる、JAXAメンバーとの対談も収録されています。

 3人の方に話を聞いているのですが、1番わかりやすく印象に残ったのは、岩本さん。

 JAXAが研究開発した技術を、産業の分野で活かすお仕事をされている方です。

 缶チューハイ、「氷結」の缶。

 軽くて丈夫なロケットの素材が使われているってご存知でしたか?

 他にも、3日はきっぱなしでも大丈夫な、抗菌・消臭下着などなど・・・・・・。

 JAXAは、開発した技術をビジネスにも活かす活動をおこなっています。

 こうして、私たちの身近な生活にも宇宙の技術が使われるようになると、

もっと興味を持てるようになるかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

 宇宙に関して専門的なことは全く書かれていません。

 あくまでも、宇宙に興味を持ってもらうための、きっかけに成りえる本です。

 宇宙飛行士たちが無重力空間で感じる、実際の感覚や経験。

 技術者たちの等身大の努力。

 そういった、宇宙産業を身近に感じることのできる情報がつまった1冊になります。

 私たち人間も、広義でいえば宇宙人です。

 宇宙の1部です。

 私たちが乗っている宇宙船、地球号は、宇宙という海を航海しているのです。

 実はとても身近で、私たち自身の存在にも大きくかかわる宇宙に、興味を持ってみませんか?

 そのきっかけを作る手段の1つとして、おすすめの理系本でした。

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

自分を高める本:★★★☆☆ 3

理系の本:★★★☆☆ 3

 

関連記事

この本が気に入ったあなたにおすすめする本、3選

初学者向け宇宙の本:眠れなくなる宇宙のはなし|佐藤勝彦

www.oshibon.net

 

 地球外生命体は存在するのか!?:ますます眠れなくなる宇宙のはなし|佐藤勝彦

www.oshibon.net

 

最強!! 理系の本:人類が知っていることすべての短い歴史|ビル・ブライソン

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

黄色い目の魚|感想・評価・レビュー【おすすめ恋愛小説】青春は苦い想いで美しく彩られる - 目的別推し本

前回の記事を読む

女子大生会計士の事件簿|感想・評価・レビュー【おすすめ本】小説で学ぶ会計学 - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする