読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

理由あって冬に出る:似鳥鶏|感想・評価【ミステリ】一風変わったワトソン役、葉山くん

『理由あって冬に出る:似鳥鶏』はおすすめの青春ミステリ

 

 今週も疲れたなぁ。

 さくさく読めるミステリ、しかも人が死なないやつがいいなぁ。

 と、週末に図書館へトコトコ出かけ、見つけたのがこの本「理由あって冬に出る」です。

 狙い通り読みやすく、人が死なない青春風ミステリ小説。

 そして文体はどこかコミカルでシュール。

 そんなおすすめ本の、ご紹介です。

f:id:macchahiko:20160405155204j:plain

 

以下、裏表紙より引用

 

芸術等に、フルートを吹く幽霊が出るらしい――吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。幽霊を否定する必要に迫られた部長に協力を求められ、葉山君は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた! にわか高校生探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは? 新鋭が放つコミカルな快作。

 

 

コミカルな擬音語

 

 ミステリ小説ではあるのですが、葉山君のポジティブなキャラのおかげもあり、明るい作品になっています。

 もうひとつ、作品を明るくしている要素が、擬音語。

 「だ・だっ・だだんどん」「ぎゃぎゃんぎゃん」「ぺぺんぺょん」

 上記3つは、それぞれ3つの部活動を表す擬音語です。

 さて、どれがどの部活を表す音でしょうか?

 

f:id:macchahiko:20160407125336j:plain

うーん………… 

 

 

 わかんないですよね!

 この擬音語が物語にコミカルなエッセンスを加えています。

 そのおかげで、物語は暗くなりすぎず、また不思議と擬音語が本当の音になって頭の中で聞こえている気さえします。

 ここまで、聴覚から想像させる小説は、今まで出会ったことがありません!

 新鮮な気持ちが途切れることなく、最後まで読んでしまいました。

 

 

愛され(?)キャラの主人公、葉山君

 

 この物語の主人公、葉山君は高校一年生。(ですよね?)

 不憫なのは、周りにいる人のキャラが濃すぎて、主体的に行動を起こす前に、誰かの何かに巻き込まれてしまうこと。

 物語の中で、葉山君が「こうするぞ!」と考えて行動できたこと、ほとんどありません。

 決して消極的とか、ただ受け身なだけとか、そういうことでもないのですが。

 そんなふわっとした彼のキャラクターも、この物語の照度を上げる要素ですね。

 葉山君目線で一人称の小説なので、珠玉のツッコミを楽しむこともできますよ。

 

 

まとめ

 

 さらりと読める小説が読みたい方。

 明るい雰囲気のミステリが読みたい方。

  おすすめです!

 

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

 

目的別おすすめ度

ミステリ:★★★☆☆ 3

 

関連記事 

この本が気になったあなたにオススメする、ミステリ4選

青春ミステリの名手|春期限定いちごタルト事件:米澤穂信

www.oshibon.net

笑える青春ミステリ|帰天城の謎 TRICK青春版:はやみねかおる

www.oshibon.net

いちおしミステリ|葉桜の季節に君を想うということ

www.oshibon.net

ミステリ×ファンタジー|折れた竜骨:米澤穂信

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

【おすすめマンガ】1/11(じゅういちぶんのいち)|感想・評価・レビュー―まるで短編連作小説のような……マンガ!? - 目的別推し本

前回の記事を読む

金持ち父さん 貧乏父さん|感想・評価・レビュー【オススメ自己啓発本】資産を買い、負債を買わないようにすれば、あなたは金持ちになる - 目的別推し本

 

twitter始めました

更新情報などお知らせします。フォローお願いいたします。

 

広告を非表示にする