読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

笑える小説・エッセイ10冊【面白いおすすめの本】|笑ってスッキリしましょう

面白くて笑える小説・エッセイ10冊をおすすめ

 

 みなさんこんにちは。

 今回は、笑えるおすすめの本を集めてみました。

 なにかに思い悩んでいる時でも、笑うと心が軽くなりますよね。

 笑いのパワーって、かなり強いものです。

 クスっとしてしまったり、ニヤっとしてしまったり、プッと吹き出してしまったり。

 そういう作品のご紹介です。

 各作品ずつ、詳しい感想を書いた記事も一緒に貼っておきますので、参考にしてくださいね。

 ではどうぞ、ご照覧あれ。

f:id:macchahiko:20160528213426j:plain

 

鴨川ホルモー:万城目学

 

 京都を舞台に、ホルモーという謎の競技で他の大学と雌雄を決する物語。

 と、言いたいところだが、物語は様々な理由で少し複雑だ。

 それは、恋であったり、嫉妬であったり、対抗心であったり、ホルモーの謎であったり。

 大学生の、大学生だからできる、青春コメディ小説です。

www.oshibon.net

 

 

プリズンホテル:浅田次郎

 

 売れっ子任侠小説家の主人公は、叔父の経営するリゾートホテルに滞在する。

 そのホテルはなんと、任侠団体を専門に営業していた。

 お客はもちろん、従業員もほぼ極道関係者。

 地元の人間からプリズンホテルと揶揄されるに迷い込んできた、数組の一般客。

 人情味溢れる極道たちの、笑えるオモテナシは必見です。

www.oshibon.net

 

 

 陽気なギャングが地球を回す:伊坂幸太郎

 

 これは偶然なのだろうか。

 銀行を襲い、金を奪って逃げている最中に、他の強盗グループと鉢合わせ。

 逃走車と金をまるっと横取りされてしまったのである。

 嘘を見抜く達人、演説の達人、スリの達人、体内時間の達人が織り成す、クライムコメディです。

 彼らは、取られた金を取り返すことはできるか。

www.oshibon.net

 

 チルドレン:伊坂幸太郎

 

 こちらも伊坂幸太郎作品。

 この小説を一言で表すなら、「陣内」。

 家裁調査官の彼は、奇妙奇天烈な方法で、非行をする子供たちを指導する。

 時には苛められている方の子供を殴ったり、トイレの下品な落書きを収集したり。

 まっすぐに我を通そうとする変人だけど、なぜか憎めない男の話です。

www.oshibon.net

 

 

 帰天城の謎:はやみねかおる

 

 ドラマ、TRICKファンなら必読の1冊。

 女子中学生の山田奈緒子と、全国武者修行の旅に出ている上田次郎。

 財宝と一緒に忽然と姿を消したと言われる、帰天城の謎に名コンビが挑む。

 ドラマを見ていなくても楽しめますが、やはり見たほうが良いでしょう。

 ドラマからそのまま出てきたような2人の掛け合いは、笑い無くして読めません。

www.oshibon.net

 

 

そして五人がいなくなる:はやみねかおる

 

 こちらもはやみねかおる作品。

 著者が小学校教諭だった時代、子供たちが夢中になれる本は無いかと探し回った結果。

 自分で書いちゃおうと、書いてしまったのが始まり。

 子供だけでなく、大人も楽しめるミステリとなっています。

 名探偵、夢水清志郎の壊れっぷりも必見。

www.oshibon.net

 

 

 the TEAM ザ・チーム:井上夢人

 

 インチキ霊能力者である、能代あや子。

 彼女の予言を本物にするために奔走する最強のサポートチームの物語。

 侵入のプロ、ネットワークのプロ、演技のプロ。

 それぞれの特技を使って、幸せに人を騙す姿は清々しくも思えます。

www.oshibon.net

 

 

ララピポ:奥田英郎

 

 格差社会における、社会の底辺を、情けなくもプライドを持って生きている人達の物語。

 ほとんどかせぎのないフリーライター、NOと言えないカラオケバイト。

 熟女AV女優、デブ専AV女優などなど、主人公達は1クセも2クセもある人ばかり。

 ブラックユーモアたっぷりの小説です。

www.oshibon.net

 

 

夢をかなえるゾウ:水野敬也

 

 自己啓発本として良く知られているこの本。

 笑える小説としての側面も兼ねそろえている。

 しかも最後はほろりと来そうになる。

 つまり、笑って泣けて、なおかつ勉強になる本なのです。

 未読の方はこの機会にぜひ。

www.oshibon.net

 

 

 もものかんづめ:さくらももこ

 

 笑えるエッセイと言えば、さくらももこさんをオススメする。

 ちびまる子ちゃんの世界から、そのまま飛び出してきたかのような彼女の家族の話や、

 彼女自身のユニークなキャラクター。

 なんてことはない日常を、彩り豊かな面白いモノとして読者に提供している1冊です。

www.oshibon.net

 

 

まとめ

 

 全10冊、いかがでしたか?

 1冊くらいは、みなさんの興味にひっかかってくれると嬉しいです。

 これからも笑える本を探していきますので、たまに覗きに来てくださいね。

 また、この本笑えるよ! などと、アドバイスも大募集しています。

 それでは、また。

 ドロン。 

 

関連記事

おすすめの泣ける本はこちら

www.oshibon.net

 

おすすめのお金の本はこちら

www.oshibon.net

 

次回の記事を読む

池上彰のやさしい経済学:池上彰|感想・レビュー・評価【おすすめ本】経済の歴史と仕組みを学ぶ - 目的別推し本

前回の記事を読む

【おすすめ小説】ララピポ|感想・評価・レビュー|格差社会の底辺を生きる人々の群像劇 - 目的別推し本

 

広告を非表示にする