読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

面白いほどよくわかる!臨床心理学:下山晴彦【おすすめ理系本】|感想・レビュー・評価-苦しんでいる人に寄り添いたいあなたへ

ビジネス・自己啓発本 自分を高める本 大切な人のために読む本 理系

『面白いほどよくわかる! 臨床心理学:下山晴彦』

 

 皆さんは、臨床心理士という職業をご存じでしょうか。

 医療現場はもちろん、教育現場や福祉施設、司法機関で、クライエントが抱えるさまざまな心の問題を解決に導く職業です。

 クライエントとは、簡単にいえば患者さんのこと。

 本当は明確な違いがあるのですが、ここでは取り上げません。

 さて、その臨床心理士が学ぶ学問、それが臨床心理学ということになります。

 この本は、その臨床心理学の入門書です。

f:id:macchahiko:20160424194715p:plain

以下表紙より引用

さまざまな心の問題について、心理学の観点から解決に導く、臨床心理学の扉をひらいてみましょう。

 

 

臨床心理士のためだけではない

 

 さて、この臨床心理学ですが、なにも臨床心理士のためだけにあるわけではありません。

 ストレス社会と言われて久しい昨今。

 日本国内でも、様々な心の問題、病気が、ニュースなりドキュメンタリなりで取り上げられていますね。

 最近の有名どころでいえば、うつ病でしょうか。

 かくいう私も、以前うつ病と診断され、3年ほど地獄の日々を送った経験があります。

 そんな時、本当に支えになってくれたのは、家族、友人の、理解ある態度でした。

 皆さんの中にも、「大切な人が心の問題で苦しんでいて、どう接すればいいかわからない」という人がいるかもしれない。

 そういう人にとって、この臨床心理学は、自分が取るべき道のヒントを教えてくれるでしょう。

f:id:macchahiko:20160424194715p:plain

 

 

初学者向けの本

 

 初学者向けの本です。

 臨床心理学とは何かというテーマから、各精神障害への対応方法まで、幅広く、かつ簡潔にまとめています。

 全ページに、イラストや図がついているので、知識の無い入門者でも視覚的に理解しやすいよう工夫されています。

 心理学の本なので、専門用語もいくつか出てきますが、解説もなされているので、そう心配することもないでしょう。

 臨床心理学とはなんぞや……と興味のあるあなたに、ピッタリの本です。

 

 

読むにあたっての注意点

 

 あくまでも初学者向けの本です。

 次に当てはまる方は、より専門的な本を探されることをお勧めします。

  1. 臨床心理学についてなにかしら専門知識のある方
  2. ある特定の心の問題を詳しくお知りになりたい方

 

以下、少し個人的な話になるので、読み飛ばしたい方はどうぞ読み飛ばしてください。

 

私にとっての臨床心理学

 

  私の個人的な意見となってしまいますが、なぜこの本を手に取ったかをお伝えしておきます。

 前述のように、私自身、うつ病に罹患し、ずいぶんと辛い思いもしました。

 いまやうつ病にかかるのは10人に1人とも言われ、誰にとっても他人事にはできない問題です。

 ある時、一人の友人から相談されました。

「お母さんがうつ病って診断されたんだけど、家族としてどう接すればいいんだろう」

 その友人は、私が過去にうつ病で苦しんでいたことを知っていたので、真っ先に相談してくれたのだと思います。

 家族がうつ病。なかなか人には相談しにくい事です。

 信用して相談してくれた友人に感謝しました。

 しかしその時、私自身、どうアドバイスしていいやら、言葉が見つかりませんでした。

  頭には、「こうしてくれるとありがたかった」というイメージがあるのですが、それを言語化できない。

 とても悔しい思いをしながら、それでも必死に、友人にアドバイスとエール、そして労わりの言葉を贈った記憶があります。

 もし次に誰かが私に相談してくれるような場面がきたら。

 その時は今より少しでも、わかりやすく話してあげたい。

 そんな思いで、何冊か臨床心理学の本を読んできました。

 お勧めをする本としては、少しニッチすぎるかもしれませんが、これも目的別に読む本の一つだと思います。

 私のような忸怩たる思いをした人や、大事な人が苦しんでいる意味がわからず苦しんでいる人がいるなら。

 このレビューと、私語りが、その一助となれるようでしたら幸いです。

 

 

最後に

 

 読んだ感想などお聞かせいただければ、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

 

目的別推し本度

自分を高めたい時に読む本:★★☆☆☆ 2

大切な人のために読む本:★★★☆☆ 3

 

関連記事

おすすめ理系本

睡眠のはなし

www.oshibon.net

 生物と無生物のあいだ

www.oshibon.net

 

次の記事を読む

【おすすめ啓発本】夢をかなえるゾウ|感想・レビュー・評価-本当に成功したいあなたへ - 目的別推し本

前の記事を読む

思考の整理学:外山滋比古|感想・レビュー・評価【おすすめ啓発本】|もっとクリエイティブになりたいあなたへ - 目的別推し本

 

広告を非表示にする