読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

【おすすめ小説】陽気なギャングが地球を回す|感想・評価・レビュー―クライムコメディならコレを読もう!!

笑える本 ミステリ 熱い展開 小説

『陽気なギャングが地球を回す』は笑えるコメディ小説のお手本

 

 伊坂幸太郎さん。

 彼の名前を知らないという方が、今の日本に存在するのでしょうか。

 というくらい有名な作家ですね。

 今回のご紹介は、今となっては日本を代表する伊坂さんの、かなり初期に書かれた作品です。

 小説を読んでいて、大笑いすることってなかなかありません。

 ビジュアルが無い分、漫画やドラマ・映画ほどに、わかりやすい笑いが取りにくいのが一因でしょう。

 しかし、コメディ小説にはコメディ小説の妙があるってもんです。

 この小説、爆笑とまではいかずとも、しっかり皆さんを笑わせてくれますよ。

 

f:id:macchahiko:20160513155953g:plain

 

以下、裏表紙より一部引用

 

成瀬は嘘を見抜く名人、さらに天才スリ&演説の達人、紅一点は正確な体内時計の持ち主――彼らは百発百中の銀行強盗だった……はずが、その日の仕事に思わぬ誤算が。逃走中に、同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯と遭遇。「売上」ごと車を横取りされたのだ。奪還に動くや、仲間の息子は虐め事件に巻き込まれ、死体は出現、札付きのワルまで登場して、トラブルは連鎖した!

 

なんてわかりやすく、そして魅力的な紹介文なんでしょう。

そう、主人公達は銀行強盗グループ。

仕事中に他の銀行強盗とハチ合わせて……彼らの受難は続きます。

おもしろそうでしょう?

 

 

セリフが面白い

 

 過去の記事で、「真夜中の五分前」という恋愛小説をご紹介しました。

www.oshibon.net

 この小説は、とにもかくにも、セリフが洗練されていて、かっこいいんです。

 恋愛小説は、セリフの研磨具合が重要だと私は考えています。

 それに対してこの、「陽気なギャング」ですが、こちらもセリフが特徴的。

 でもその方向性はまったく違って、洗練され、研磨して磨き抜かれたセリフではなく、

 無駄話が面白いんです。

f:id:macchahiko:20160513160800j:plain

 これだけ読ませる無駄話があるでしょうか。

 というくらい、主人公達の雑談が面白く、クスッときたりニヤニヤしたりしてしまいます。

 

 

ストーリーの完成度も、もちろん高い

 

 なんだ、無駄話ばっかりしている小説か。

 つまんなそ。

 なんて言わず、もう少しお付き合いください。

 そこが伊坂幸太郎さんの、実力の見どころなのです。

 なんじゃこの雑談は。

 なんて油断していると、それがふと伏線になっていることに気が付きます。

 そこに気付けば、もうあなたは、この陽気なギャング達の世界から抜け出せなくなってしまいます。

 あらすじは上記引用にてご紹介していますので、こちらにまた書くということはしません。

 でも、アレを見ただけでも、面白そうでしょう?

 セリフもストーリーそのものも、甲乙つけがたい、この本の魅力なのです。

 

 

まとめ

 

 電車内で読んではいけません。

 どうしても電車内で移動中読みたいという方は、どうか鉄仮面を持参してくださいね。

 それほどに面白い。

 にやけます。

 くすっとしてしまいます。

 笑える小説をお探しの方、おすすの作品ですよ。

 あなたの「ロマン」は、この中にあります。

 

最後に

 

 最後まで読んでくださりありがとうございます。

 今日のオススメ本、いかがでしたか?

 こんな時に読む本をお勧めしてほしい。などあれば、コメント等でお知らせください。私、とても喜びます。

 読んだ感想などお聞かせいただければ、これもまた、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

目的別おすすめ度

笑える本★★★★☆ 4 

ミステリ:★★★☆☆ 3

 

関連記事

 最近オススメした、笑える本3選

www.oshibon.net

www.oshibon.net

www.oshibon.net

 

広告を非表示にする