目的別推し本

ほっこりしたいとき、キュンとしたいとき、ドキドキしたいとき。皆さんはどんな時に本を読みますか?目的別に推し本(オススメの本)を紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

SPONSORED LINK

夢をかなえるゾウ:水野敬也【おすすめ啓発本】|感想・レビュー・評価-本当に成功したいあなたへ

『夢をかなえるゾウ:水野敬也』読んで、行動すればあなたも成功者に!!

 

 ベストセラーにもなったので、知っている人も多いこの本。

 おなじみ、インドの大衆神、ガネーシャが、どこにでもいるサラリーマン(僕)に様々な課題を与えます。

 その課題を実行していくことで、読者である私たちも、成功するために必要な事を一つずつ学んでいける。

 なおかつストーリー形式になっているので非常に読みやすくまたわかりやすい。

 そんな一冊のご紹介です。

f:id:macchahiko:20160527224851p:plain

 以下ガネーシャ名言集より、少しだけ、引用

 

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて、『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

「人間ちゅうのは不思議な生き物でな。自分にとってどうでもええ人には気い遣いよるくせに、一番お世話になった人や一番自分を好きでいてくれる人、つまり、自分にとって一番大事な人を一番ぞんざいに扱うんや。たとえば……親や」

 

 

成功するための、29の秘訣

 

 ガネーシャは、僕が成功するための秘訣(?)として、ひとつずつ課題を出していきます。

 その課題一つにつき一章となっていて、課題は最終的になんと29個にも及びます。

 必然的に一章ごとの長さはとても短くなるのですが、この短さが良い。

 余計なことは全部はぶいて、なぜそうすることが大切なのかを、ガネーシャが関西弁で教えてくれる。なぜ関西弁なんだ。

 え、29個も課題があって、全部やらないと成功しないの?

 と思った、まるで私のようなあなた。

 下のパラグラムをぜひ読んでください。

 

 

課題はすべて簡単なこと

 

 例えば、まず一つ目の課題。

 「靴をみがく」です。

 あなたが毎日スーツを着て仕事をしている場合。

 革靴はあなたの商売道具と言えます。

 それを大切にしない人に、成功など有り得ないという理屈です。

 このように、一見屁理屈にも思えるような課題が29個提案されます。

 そして読み進めるにつれ、ガネーシャの不思議な説得力に引き込まれていく。

 読了した時には、「これを続ければ成功できる……」と確信めいた気持ちになれることを保障します。

f:id:macchahiko:20160506154825j:plain

 本当に、各課題は簡単なものです。

 もう一つだけ紹介すると、「誰か一人のいいところを見つけてホメる」とか。

 ね?できそうでしょう?

 

 

 成功の押し付けではない

 

 ここまで読んでくれた皆さんからすれば、なんじゃそら、と思ってしまうかもしれません。

 ガネーシャは、この本のクライマックスで突然、「成功しなくてもいい」と、のたまいます。

 皆さんを成功へ導くための本であるにもかかわらず、本のまとめとしてガネーシャは堂々とそう発言するわけです。 

 私は、これこそガネーシャ、つまり著者が読者である私たちに、一番伝えたかったことではないかと考えています。

 成功するためのプロセスは確かに存在する。

 だけど、成功したからといって、またしなかったからといって、あなたがあなたであることに変わりなし。

 成功、挫折、勤労、怠慢。全て含んでいるこの世界を、目いっぱいに楽しんでほしい。

 そんなあなたを、人間を、愛しています。という意思が、伝わってくるような気がします。(気のせいだったらごめんね)

 ぜひ最後まで読んで、あなたにも実感してほしい、心に残るガネーシャが、本の最後であなたを待っています。

 

 

ガネーシャの魅力

 

 インドの神様でありながら、関西弁で話すガネーシャですが、僕はこのキャラクターの魅力にはまってしまいました。

 というわけで、いくつかご紹介しましょう。

 

 魅力その1 とにかく自堕落

 タバコ吸います。やめません。暴飲暴食します。働きません。もらったお金でギャンブルをします。

 どこが魅力的なのかって? ……ど、どこでしょう。

 

 魅力その2 かわいいところがある

 絶叫マシンが大好きです。打たれよわいです(精神的にも、物理的にも)。甘いもの大好き(特にあんみつ)。

 

 こうしてあげてみると、2つしか思いつかず、魅力というよりもダメなところに思えてくる。

 それでも、読み終わる頃には、上に書いたこと含めてガネーシャを好きになってしまっていることうけあいです。

 ちなみに、ガネーシャは顔も広く、友達は釈迦です。

 釈迦も本の中に出てきますので、釈迦ファンの方もどうぞ。

 

 

最後に

 

 読んだ感想などお聞かせいただければ、とてもうれしいです。

 ぜひ私と、読書体験を共有しましょう。

 

 

目的別推し本度

自分を高めたい時に読む本:★★★★★ 5

笑える本:★★★☆☆ 3

 

関連記事

一緒に読むとシナジーを生む本

続ける習慣

www.oshibon.net

 

次の記事を読む

【おすすめ小説】獄門島|感想・レビュー・評価-ドラマより小説の方が絶対にオススメな金田一耕助シリーズ - 目的別推し本

前の記事を読む

【おすすめ理系本】面白いほどよくわかる!臨床心理学|感想・レビュー・評価-苦しんでいる人に寄り添いたいあなたへ - 目的別推し本

 

広告を非表示にする